予選はメルセデスが完勝!ハミルトン、ボッタスで1,2でした。フェラーリは約0.5秒差でベッテルが3位につけました。コーナリングマシンとして期待されていたレッドブルは約1秒離されています。

パーマーはこの日本GPを最後にルノーを離れることが発表されました。サインツはアメリカからルノーへ移籍、これでガスリーは今年いっぱいトロロッソに乗る事が決定しSF最終戦は辞退する事になります。

Sponsored link

スターティンググリッド

ボッタス5、ライコネン5、サインツ20、パーマー20、アロンソ35のグリッドダウンとなっています。

pos ドライバー pos ドライバー
1 L.ハミルトン 2 S. ベッテル
3 D.リカルド 4 M.フェルスタッペン
5 E.オコン 6 V.ボッタス
7 S.ペレス 8 F.マッサ
9 S.バンドーン 10 K.ライコネン
11 N.ヒュルケンベルグ 12 K.マグヌッセン
13 R.グロージャン 14 P.ガスリー
15 L.ストロール 16 M.エリクソン
17 P.ウェーレイン 18 J.パーマー
19 C.サインツ 20 F.アロンソ

日本GP決勝レポート

決勝は53周、天候は晴天で気温26℃、路面温度44℃となってます。タイヤへの影響がどうなるかレース中の対応力で差がつきそうです。

https://www.formula1.com/

スタートではフェルタッペンが3位へ、サインツがコースアウト、ベッテルがヘアピンでフェルタッペンに抜かれるその後もパワーが無く6位まで後退してしまう、ここでSCとなっています。

ライコネンもヒュルケンベルグに押し出される格好で大きくポジションダウン、バンドーンは大失敗でなんと18位になっています。

5周目ベッテルはピットへリタイアです。スパークプラグの不具合らしい。

6周目ライコネンは9位まで上がってきました。

8周目エリクソンがデグナー一つ目でクラッシュVSCとなりました。ライコネンはヒュルケンベルグをかわして8位へ

10周目バンドーンがソフトへ

11周目レース再開、リカルドがやっとオコンをパス3位へ

12周目ボッタスがオコンをパス、序盤のバタつきが収まった順位↓

14周目ライコネンはマッサをパスして7位へ

18周目マッサがソフトへ

20周目ライコネンはぺレスをパスして6位へ、マグヌッセンはソフトへ

21周目オコンはソフトへ

22周目フェルスタッペンがソフトへ、ぺレスはソフトへ

23周目ハミルトンがソフトへ

26周目リカルドがソフトへ、アロンソがソフトへ

ボッタスに追いつきつつあるハミルトンはペースが上がらなくなりフェルスタッペンに詰め寄られています。

28周目ボッタスはハミルトンに道を譲りました。

29周目ライコネンはSSへ、オコンの前へギリギリで復帰し6位

31周目ボッタスはSSへ、フェルスタッペンをきっちり抑えハミルトンをアシストしました。

33周目ライコネンがヒュルケンベルグをパスして5位へ

36周目バンドーンはSSへ

39周目ヒュルケンベルグがSSへ、ガスリーの後ろへ

41周目ヒュルケンベルグのDRSが開きっぱなしなりピットインしてリタイアとなりました。

43周目マッサをマグヌッセンとグロージャンがパスしました。

47周目ストロールが右フロントが破損してS字でコースアウトして停止VSCとなっています。

50周目レース再開10位マッサにアロンソが詰め寄ってますが抜けるスピードが足りません。

あと2周ですがハミルトンがマッサ、アロンソのバトルに追いつきペースダウン、フェルタッペンが一気に1秒弱まで迫りましたがマッサに邪魔されてチャンスを無くしました。

ハミルトンがトップチェッカー、1.2秒差フェルスタッペンとなっています。

日本GP決勝結果

ドライバー チーム Laps ギャップ ピット
1 ルイス ハミルトン Mercedes 53  1:27’31.193 1
2 マックス フェルスタッペン Red Bull 53 1.211 1
3 ダニエル リカルド Red Bull 53 9.679 1
4 バルテリ ボッタス Mercedes 53 10.580 1
5 キミ ライコネン Ferrari 53 32.622 1
6 エステバン オコン Force India 53 1’07.788 1
7 セルジオ ペレス Force India 53 1’11.424 1
8 ケビン マグヌッセン Haas 53 1’28.953 1
9 ロマン グロージャン Haas 53 1’29.883 1
10 フェリペ マッサ Williams 52 1 lap 1
11 フェルナンド アロンソ McLaren 52 1 lap 1
12 ジョリオン パーマー Renault 52 1 lap 1
13 ピエール ガスリー Toro Rosso 52 1 lap 2
14 ストフェル バンドーン McLaren 52 1 lap 2
15 パスカル ウェーレイン Sauber 51 2 laps 3
ランス ストロール Williams 45 2
ニコ ヒュルケンベルグ Renault 40 2
マーカス エリクソン Sauber 7
セバスチャン ベッテル Ferrari 4 1
カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 0


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ハミルトンが素晴らしいレースコントロールでしたが、前に車がいる時は大きくペースが落ちる。そこにフェルスタッペンが詰め寄る、ハミルトンに楽をさせない良いレースでした。

序盤でベッテルがリタイア、スタートでバンドーンが順位を落として、楽しみが無くなってどうしようかと思って見てましたが、リタイアも多く荒れたレースとなり退屈にならずにすみました。

最後のマッサとアロンソのバトルは良かったですね、あきらめずに最後まで入賞を狙ったアロンソには拍手を送りたいです。

 

ハミルトンはPUからバイブレーションが出ていたと無線で発言しており、最後までもったメルセデスの信頼性も素晴らしかったです。そのマシンに手を当ててお礼するハミルトンの姿勢も良かったなぁ。

対照的にフェラーリは信頼性の面とドライビング面で、このところレースを落としておりハミルトンに自らチャンピオンを捧げる結果になってしまいそうで残念ですね。

この優勝でハミルトンのチャンピオンは99%確定となった日本GPでした。

F1.com動画リンク

日本GP決勝⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/10/Race_highlights_-_Japan_2017.html