2017年のF1はすでに11戦を消化して夏休みに入っています。ホンダは今年パワーユニットを新設計して臨みパフォーマンス、信頼性を昨年より悪化させてしまいました。

11戦目となったハンガリーにてようやく昨年レベルのギャップに復帰しています。開幕からのギャップを比較・分析してみようと思います。

Sponsored link

タイムギャップ一覧

予選のタイムギャップと各サーキットのデータ・全開率の一覧になります。全開率はマクラーレンが公表しているもので多分昨年のデータだと思われます。今年は全開率が上昇しているので正確とは言えません。

 予選ギャップ1周(km)全開率(%)決勝順位
AUS3.2375.3037013
CHN2.6945.45155R
BRN3.2855.4126414
RUS3.4665.8486014
ESP1.8994.6556512
MON1.0713.33750R
CAN2.2344.3616714
AZE3.7416.003569
AUT1.3514.3266612
GBR2.8185.8916611
HUN1.2734.381556

各サーキットでの比較

1周5km以上になるとギャップが大きくなっている。距離が長いためにタイムギャップが増加するのは当たり前な事ですが数値化するとよくわかると思います。

全開率もその数値に比例してギャップが大きくなっている。アゼルバイジャンのような特殊なコースでは全開率が低いが低速からの加速ポイントが多い事と2.1kmにも及ぶ全開区間があるためにギャップが大きくなる。

http://www.fia.com/

ホンダパワーユニットの状況

開幕から4戦目までは信頼性不足やパワー不足が露呈し、ただただ走らせていた状態。比較できる要素はほとんどない。

最初の好転のきっかけとなったのはスペインでのアップグレードからで、エンジンマッピングの見直しが功を奏しギヤチェンジ直後の振動問題が大幅に改善すると共にパワー面でも約13.6馬力(10kw)程度向上したとみられる。

8戦目のアゼルバイジャンにてICEのスペック3をフリー走行でテストすると、次戦から本格稼働させているがMGU-Hのトラブルに足を引っ張られて実力はわからずじまい。実質30馬力(約22kw)の向上だとホンダ側から情報が出ている。

直近のハンガリーではスペック3が熟成されエンジンマッピングの改良に加え、各ユニットとの連携も改善している。空気抵抗が多くてもフルダウンフォースで走るハンガロリンクだったため、パワーギャップも明確になり。

ルノーに対して20kw(27馬力)の遅れ、フェラーリに対して40kw(54馬力)の遅れとの試算ができている。

Sponsored link


マクラーレンホンダ総合分析

マクラーレンのエンジニアがヨネヤさんに伝えた情報をもとに解析します。パワーエフェクトはシルバーストン0.25s/10kw、ハンガロリンク0.15s/kwとして計算しています。

メルセデスにはハンガロリンクにてパワーで0.8秒の不利があると言う情報からの推測値です。

GPギャップ推測値車体PU総合パワー差
GBR対メルセデス(Q3モード)1.51.32.8秒53kw(72馬力)
GBR対フェラーリ1.312.3秒40kw(54馬力)
GBR対レッドブル(ルノーPU)0.80.51.3秒20kw(27馬力)
HUN対メルセデス(Q3モード)0.20.81.0秒53kw(72馬力)
HUN対フェラーリ0.60.61.2秒40kw(54馬力)
HUN対レッドブル(ルノーPU)0.40.30.7秒20kw(27馬力)

低速サーキットにおけるマクラーレンの車体側のギャップはかなり少なく接近できている。高速サーキットと言われるシルバーストンでの差が見苦しいほど大きいのがわかる。

単純にパワーの改善だけで追いつける代物ではない、高速域における空気抵抗とダウンフォースのバランスをとって対処する必要があるでしょう。

シルバーストンにおいてはメルセデスのロングホイールベースによるフロアの長さを生かした、ダウンフォースの発生量の差が表れた結果だと思われます。

今年のマシンにおいては空気抵抗が少ないフロアでのダウンフォース発生量がTOP3チームより劣っていると考えられます。テストでつまづき他チームより遅れて開発がスタートして不利な状況ではありますが他チームと比較するとノーズ下のターニングベイン、バージボード、フロア空気穴の追加などまだまだ改良が少ない。

シーズン中の開発力には定評があるマクラーレンですので今後も改善してギャップを縮めてくれる事に期待します。

https://www.formula1.com/

ホンダについてはやっとスタートラインに立った程度、改善度合いだけでみれば約40馬力以上のパワーアップに成功していて開発における良い波に今乗っていると思います。このまま止まる事無く波に乗り続ければ希望が見えてくるような気がします。

ベルギーでスペック4の投入があるのではないかとの憶測情報も出ておりホンダの話題が尽きないという事は何かあると思ってもいいのかも・・。

とにかく後半戦に向けホンダの皆さん頑張って下さい。