https://www.racefans.net/

2021年に初開催となったサウジアラビアグランプリ。

ジェッダの沿岸リゾートエリアに作られた、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットで行われます。

 

ランオフエリアがほぼなく、壁に囲まれた高速市街地サーキットです。

コース幅は狭く最小で10m、最大で15mとなっています。

高速コーナーが多いので、一度スライドしてしまえば壁の餌食になる事は必至です。

Sponsored link

ジェッダ・コーニッシュ・サーキット

https://www.formula1.com/
1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
6.174 50 72 253.9 0.30 C2|C3|C4

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

 

DRSゾーンは3つありますが、高速コーナー後のストレートが多く、乱流の影響で前走者に近づくのは困難です。

実質的に、ターン1が唯一のオーバーテイクポイントです。

各コーナー(ターン)スピード

ターン5~12・ターン15~18・ターン22~24は、いずれも高速コーナーと言われる200km/h以上になります。

ピレリによるサーキットの指標

 

  • タイヤの摩耗値は低い2
  • タイヤへの負担度は平均値の3
  • ダウンフォースレベルは2