https://www.formula1.com/

2004年に初開催となったバーレーングランプリ。

砂漠の中に作られた、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われます。

 

ナイトレースで徐々に気温と路面温度が下がっていくため、レース中の各エンジニアの的確な判断力も必要とされる。

ストレートが長く、スリップストリームとDRSによってオーバーテイクは可能となっています。

Sponsored link

バーレーン・インターナショナル・サーキット

1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
5.412 57 78 223.2 0.25 C1|C2|C3

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

各コーナー(ターン)スピード

ピレリによるサーキットの指標

  • 砂を吸収する微細な凹形状が特徴の路面
  • タイヤの摩耗値は最大の5。
  • ブレーキングとトラクション(ターンからの加速)の負担は高めの4
  • 路面にラバーがのるトラックエボリューションは高めの4