2022年F1レギュレーションの改革として共通パーツや共有パーツの項目が増加する。

レギュレーションでは各パーツの事を「コンポーネント」と記載され、4つの分類に分けられて管理されている。

 

このレギュレーションは、最長で4年間持続されると思われる。

特に共有コンポーネントは下位チームの研究開発費抑制に大きく繋がるだろう。

Sponsored link

標準供給コンポーネント(SSC)

所謂、共通パーツと言われるコンポーネント、FIAへの入札により供給業者が決定される。

Ref コンポーネント・アセンブリ 分類 システムの説明と境界 含まれるコンポーネント
2F ホイールカバー SSC
3F クラッチシャフトトルクセンサー SSC
4P ホイールリム SSC BBSホイールリムアセンブリ リム、ドライブペグ、スペーサー、バルブ
4Q タイヤ空気圧センサー SSC BF1 TPMS 取り付け
4R タイヤ SSC
6B プライマリーポンプ、およびフレキシブルパイプとホース SSC プライマリーポンプ、およびプライマリーポンプとブレークアウェイバルブの間のパイプ。 プライマリーポンプ、フレキシブルパイプとホース、およびポンプとブレークアウェイバルブ間のそれらのフィッティング、燃料流量計の入口圧力および温度センサー。
10A ES IVTセンサー SSC
10B 燃料流量計 SSC 規定の燃料流量計
10C パワーユニットの圧力および温度センサー SSC
10E 高圧燃料ポンプ SSC
11C 車からチームへのテレメトリー SSC
11D ドライバーラジオ SSC
11E アクシデントデータレコーダー(ADR) SSC
11F 高速度カメラ SSC
11G インイヤー加速度計rs SSC
11H 生体認証手袋 SSC
11J マーシャリングシステム SSC
11K タイミングトランスポンダ SSC
11L TVカメラ SSC
11R ホイールディスプレイパネル SSC
11S 標準ECU SSC
11T SECU FIAアプリケーション SSC
12B リアライト SSC

オープンソースコンポーネント(OSC)

各チームの設計データをFIAが管理、他チームが自由にその設計を使うことが出来るコンポーネント。(共有パーツ)

Ref コンポーネント・アセンブリ 分類 システムの説明と境界 含まれるコンポーネント
1D フロントフロア構造 OSC フロントフロアアセンブリ フロントフロア構造、取り付けブラケット、およびフロントフロア構造とサバイバルセルの間の任意のデバイスまたは構造、およびそれらの取り付けブラケット。
1K ペダル OSC ペダルアセンブリ ブレーキマスターシリンダーに接続するプッシュロッドを含むブレーキペダルアセンブリ、スロットルダンパーを含むスロットルペダル、ヒールレスト、取り付けブラケット、およびローカルの電気および電子部品
2C リアウイングアジャスター(DRS) OSC リンケージを含むDRSアクチュエータ 機械加工されたDRSアクチュエータ、リンケージ、ローカルの電気および電子部品
3L ドライブシャフト OSC ギアボックスのドライブラインコンポーネントから車軸に荷重を伝達するアセンブリ ドライブシャフト、ジョイント、ベアリング、および必要な固定具、トルクセンサー、トリガーホイール(存在する場合)
4E フロントアクスル(ホイールスペーサーとの接触面の外側)、ナット、保持システム OSC ホイールスペーサー、ホイールナット、および緩んでいる場合にナットを保持するためのデュアルステージメカニズムを備えた接触面の外側にある車軸ジオメトリ ホイールスペーサー、アクスルナット、ホイールナット、ファスナー、およびホイールナット保持システムとの接触面の外側にある車軸ジオメトリ。
4J リアアクスル(ホイールスペーサーとの接触面の外側)、ナット、保持システム OSC ホイールスペーサー、ホイールナット、および緩んでいる場合にナットを保持するためのデュアルステージメカニズムを備えた接触面の外側にある車軸ジオメトリ ホイールスペーサー、アクスルナット、ホイールナット、ファスナー、およびホイールナット保持システムとの接触面の外側にある車軸ジオメトリ。
4M ステアリングコラム OSC ステアリングホイールQDからパワーアシストステアリングに荷重を伝達するアセンブリ 前方および後方の支柱、ベアリング、取り付けブラケット、シャーシへのアタッチメント、衝撃試験に合格するために必要な部品。ローカルの電気および電子部品。
4N ステアリングホイールとクイックリリース OSC ドライバーからステアリングコラムに荷重を伝達するアセンブリ ステアリングホイール、クイックリリースメカニズム、ギアシフトとクラッチパドル、ローカルの電気および電子部品、アセンブリに統合されたSECU要素
5A ブレーキディスク、ディスクベル、およびパッドアセンブリ OSC 車軸からブレーキディスク、ブレーキディスクおよびパッドにトルクを伝達する構造的なブレーキディスクベル
5B ブレーキキャリパー OSC 機械加工されたブレーキキャリパー、ピストン、シール、QD、地域の電気および電子部品
5C リアブレーキコントロールシステム(BBW) OSC BBWマスターシリンダーとアクチュエーター、サーボまたはソレノイドバルブ、直接取り付けられたローカル電気および電子コンポーネントマスターシリンダー、バランスバーアセンブリ
5D ブレーキマスターシリンダー OSC マスターシリンダー、プッシュロッド、ブレーキバランスシステム、地域の電気および電子部品
6A コレクター OSC コレクターアセンブリと加圧システム(取り付けられている場合)。 加圧システム、ローカルの電気および電子部品、レベルセンサー、フィルター、AVマウント、取り付けファスナーを含むコレクターアセンブリ
6E 6.6条の概略図で説明されている燃料システムの油圧レイアウト OSC リフトポンプインレットフィルターからシャーシブレイクアウェイバルブまたはオプションのインレットフィルターまでの低圧燃料システムから高圧燃料ポンプ(取り付けられている場合) 圧力逃がし弁(PRV)、逆止弁(NRV)、ブレークアウェイバルブ、フィルター、リフトポンプ、オプションのダンパー、リジッドパイプとマニホールドおよびそれらのフィッティング、FIAサンプル、コレクター充填/排出ポート、オプションのコレクター圧力センサー、オプションのランニングブリード
12A 消火器 OSC
13A 水飲料システム OSC

譲渡可能コンポーネント(TRC)

チームで独自設計・製造されたコンポーネントですが、他チームへ供給する事が許される。

Ref コンポーネント・アセンブリ 分類 システムの説明と境界 含まれるコンポーネント
1H リアインパクト構造 TRC ディファレンシャル後方のギアボックス後部に取り付けられる構造 ギアボックスキャリアに接着された部品。プロファイルの詳細を除く、リアウィングビームアタッチメントのフランジの詳細。
3A ギアボックスキャリア TRC カセットを支え、リアインパクト構造を取り付け、サスペンション荷重と空力荷重を取り、エンジンスタッドを介してパワーユニットに伝達する構造。 ギアボックスキャリア、関連する留め具、内部熱シールド
3B ギアボックスカセット TRC ギアボックスキャリアに統合されているかどうかに関係なく、関連するすべてのカバーを含むドライブラインコンポーネントとギアチェンジコンポーネントをすぐに囲むハウジング。 カセット、フロントカバー、デフキャップ、シール、ファスナー、クロスシャフトカバー
3C クラッチ TRC クラッチアセンブリを回転させ、必要に応じてPUまたはギアボックスに固定します。 クラッチバスケットアセンブリ、プレート、スプリング、PUまたはギアボックスへの固定、スピゴットベアリング
3D クラッチ作動システム TRC センサーと冷却シュラウドおよびセンサーを含むクラッチアクチュエータアセンブリ クラッチアクチュエータ、アクチュエータサポート、ローカルの電気および電子部品、PUまたはギアボックスへの固定、冷却シュラウド。
3E クラッチシャフト TRC クラッチとギアボックス(PUが取り付けられている場合)またはPU(ギアボックスが取り付けられている場合)の間のシャフト クラッチシャフト、中間サポートベアリング、および必要に応じてブラケット。
3G ギアボックス内部 TRC ギアボックス入力シャフトとドライブシャフトの間のトルク伝達に関係するすべてのコンポーネントと、ギアボックスの機能に不可欠なコンポーネント。 9.1条で定義されているドライブラインおよびギアチェンジコンポーネント
3K 補助部品(オイルシステム、リバースギアなど) TRC ドライブラインまたはギアチェンジコンポーネントに含まれていないが、これらのコンポーネントと直接相互作用し、ギアボックスの機能に不可欠なコンポーネント。 油圧およびスカベンジポンプ、オイルフィルター、オイルタンク、リバースギアアイドラーおよびアクチュエーター、ディファレンシャルアクチュエーター、ローカル電気および電子部品。
4A インボードフロントサスペンション TRC プッシュ/プルロッドへの接続とサバイバルセルの間のフロントサスペンションのすべての部分。 ロッカー、スプリング、ARBシステム、ダンパー、ベアリング、ローカルの電気および電子部品、車高調整、サバイバルセルと一体ではないブラケット。さまざまなセットアップオプション
4B フロントサスペンションメンバー TRC 直立物をサバイバルセル、ステアリングまたはインボードサスペンションに接続する構造部材 ウィッシュボーン/リンク、トラックロッド、プッシュ/プルロッド、ベアリング、サバイバルセルに統合されていないインボードブラケット、ファスナー、ホイールテザー、ローカルの電気および電子部品
4C フロントアップライトアセンブリ(アクスル、ベアリング、ナット、保持システムを除く) TRC サスペンションメンバーへの接続とホイールベアリングの間の直立アセンブリ 直立、ブラケット–セットアップ変更のバリエーション、ファスナー、ローカルの電気および電子コンポーネント、直立織機を含みます。
4D フロントアクスル(ホイールスペーサーとの接触面の内側)とベアリング、 TRC ホイールスペーサーとホイールベアリングアセンブリとの接触面の内側にある車軸形状 ホイールスペーサー、ホイールベアリング、スペーサーとの接触面の内側にある車軸の形状、ブレーキディスクベルへのインターフェースと取り付け。
4F インボードリアサスペンション TRC プッシュ/プルロッドへの接続とギアボックスキャリアの間のリアサスペンションのすべての部分 ロッカー、スプリング、ARBシステム、ダンパー、ベアリング、ローカルの電気および電子部品、車高調整、ギアボックスキャリアと一体ではないブラケット。さまざまなセットアップオプション
4G リアサスペンションメンバー TRC アップライトをギアボックスケースまたはインボードサスペンションに接続する構造部材 ウィッシュボーン/リンク、トラックロッド、プッシュ/プルロッド、ベアリング、ギアボックスキャリアに統合されていないインボードブラケット、ファスナー、ホイールテザー、ローカルの電気および電子部品。
4H リアアップライトアセンブリ(アクスル、ベアリング、ナット、保持システムを除く) TRC サスペンションメンバーへの接続とホイールベアリングの間の直立アセンブリ 直立、ブラケット–セットアップ変更、ファスナー、地域の電気および電子部品のバリエーションを含みます。
4I リアアクスル(ホイールスペーサーとの接触面の内側)とベアリング、 TRC ホイールスペーサーとホイールベアリングアセンブリとの接触面の内側にある車軸形状 ホイールスペーサー、ホイールベアリングおよびスペーサー、ブレーキディスクベルへのインターフェースおよび取り付けとの接触面の内側にある車軸形状、
4L パワーアシストステアリング TRC ステアリングコラムへのアタッチメントからトラックロッドのクレビスへのステアリングユニット、油圧システムへの接続、電気織機への接続 ラックアセンブリ、ローカルの電気および電子コンポーネント、保護カバー、サバイバルセルへの留め具、さまざまな支援のオプション。
6D OSCまたはSSCまたはLTCとしてリストされていない燃料システムコンポーネント TRC
7A 油圧ポンプとアキュムレータ TRC 油圧ポンプ、油圧アキュムレータ、地域の電気および電子部品、ユニットをPUに取り付けるために必要な部品
7B 油圧マニホールド、センサー、コントロールバルブ TRC 油圧マニホールドブロック、サーボバルブ、ソレノイドバルブ、フィルター、ローカル電気および電子部品、AVマウント。
7C 油圧ポンプ、油圧マニホールドとギアボックスまたはエンジンアクチュエータ間のパイプ TRC パイプ、フィッティング、QDコネクタ。
9D 二次熱交換器 TRC 7.4.1cで定義されている二次熱交換器ユニット 熱交換器ユニット、直接取り付けられた電気および電子
10D ギアボックスとサバイバルセルへのパワーユニットの取り付け TRC PUとサバイバルセルの間、およびPUとギアボックスの間のスタッド。 スタッド、ナット、シルクハットブッシュ、バレルナット。
10F タービン出口とウェイストゲート出口を超えた排気システム TRC タービン出口/ウェイストゲート出口の下流の排気管とウェイストゲートパイプ。 パイプ、クランプ
11B 電気織機 TRC メインシャーシの電気システムをPUシステム、伝送システム、その他の周辺機器の制御または測定システムと接続するルーム。 メインシャーシ織機は、ローカルPU織機、トランスミッション織機、または周辺機器制御または測定システム用の他のローカル織機へのコネクタまで、個別の部品で作成できます。


Sponsored link


リストされたチームコンポーネント(LTC)

チームで独自設計・製造された単一のコンポーネント。これを用意できなければチームとして認められない。

Ref コンポーネント・アセンブリ 分類 システムの説明と境界 含まれるコンポーネント
1A サバイバルセルと一次ロール構造 LTC コックピットを含む構造は、サスペンション荷重と空力荷重を受け取り、FIS固定具を介してFISとの間でそれらを転送し、エンジンスタッドと12.4.1で定義されているロール構造を介してパワーユニットを伝達します。 ホモロゲーションのために提出された結合コンポーネント。
1G フロントインパクト構造 LTC フロントウィングから空力荷重を受けてシャーシに伝達する構造 FIS、ハンガー、FISアセンブリの一部であるシャーシへの固定
2A 特に指定のない限りの、空力コンポーネント LTC
2B プランクの組み立て LTC 3.5.9で定義されているプラ​​ンクアセンブリ プランクの構造とスキッド
2E ホイールドラムとドラムデフレクター LTC ドラムとデフレクターは、供給された形状に厳密に加えて、リム内のすべてのブレーキダクトコンポーネントに準拠しています
6C 燃料ブラダー LTC
9C 一次熱交換器 LTC 7.4.1bで定義されている熱交換器アセンブリ 溶接クーラー、クーラーに直接取り付けられた電気および電子部品

まとめ

完全な共通パーツと言うものは、まだまだ少ないF1マシンです。

新たな試みとして「オープンソースコンポーネント(OSC)」と言うものがあり、各チームのアイデアを完全に真似る事が可能になります。

 

本来目指していた方向性はOSCもSSCにする事でしたが、設計データを共有する事によりチームの独自性をある程度確保出来るようになっています。

 

供給可能コンポーネント(TRC)は今までとほとんど変わらず、ギアボックス一式、サスペンション一式などになります。

ハースはLTC以外を全てフェラーリから調達していると言う事になります。

アルファタウリもレッドブルからフロント回り以外を入手しています。

 

2022年はレギュレーション変更初年度の為、供給契約しているチームは全てワークスと同じ最新版となります。

厳しい空力デザイン規制とこれらを掛け合わせ、チーム間の差は今年以降明らかに縮まっていきます。