https://www.formula1.com/

2021年も2020年に引き続き、ドライバーによるタイヤコンパウンドの選択ができなくなり、全グランプリにて固定されたセットが、供給される事になった。

タイヤ選択は最大で14週間前に決定しなければならないが、未だに続くパンデミックにより、ピレリの生産や輸送への影響を考慮され、固定セットにして負担を減らす。

Sponsored link

タイヤコンパウンドの固定セット数

  • H(ハード)2セット
  • M(ミディアム)3セット
  • S(ソフト)8セット

各プラクティス毎に2セット返却義務があり、予選前では、7セット(H×1、M×1、S×5)もしくは(H×1、M×2、S×4)となるでしょう。

予選では、Q2をMクリアして、M⇒Hの1ストップが主流となっています。

車重の増加やダウンフォースの増加により、ソフトタイヤが直ぐにオーバーヒートしてしまうため、速いラップを持続して刻む事が困難です。その為、ほとんどのドライバーが選択する戦略になっています。

全戦のタイヤコンパウンド設定

No グランプリ名 C1 C2 C3 C4 C5
1 バーレーン Hard Medium Soft
2 エミリア・ロマーニャ Hard Medium Soft
3 ポルトガル Hard Medium Soft
4 スペイン Hard Medium Soft
5 モナコ Hard Medium Soft
6 アゼルバイジャン Hard Medium Soft
7 フランス Hard Medium Soft
8 シュタイアーマルク Hard Medium Soft
9 オーストリア Hard Medium Soft
10 イギリス Hard Medium Soft
11 ハンガリー Hard Medium Soft
12 ベルギー Hard Medium Soft
13 オランダ Hard Medium Soft
14 イタリア Hard Medium Soft
15 ロシア Hard Medium Soft
16 トルコ Hard Medium Soft
日本 Hard Medium Soft
17 アメリカ合衆国 Hard Medium Soft
18 メキシコ Hard Medium Soft
19 ブラジル Hard Medium Soft
20 TBC Hard Medium Soft
21 サウジアラビア Hard Medium Soft
22 アブダビ Hard Medium Soft