フェルスタッペンがポールポジション、2番手はメルセデスではなくマクラーレンのノリス。

どうしたメルセデス?なぜダウンフォースが高いんだ?

決勝の雨予報用セッティングの可能性が高い、さぁ雨は降るのか?

レッドブル・ホンダは5連勝を狙います。

Sponsored link

スタート順とタイヤ

ピットインロスタイムは約21秒です。

オーストリアGP決勝レポート

ラッセルはレコノサンスラップでリアがおかしいと言っていました。

天候は晴れで雲多い、気温21℃、路面温度34℃でスタートしました。

綺麗なスタート、ターン3でオコンがジョビナッツィとミックに挟まれ、右フロントが折れて停止、SCとなっています。

https://twitter.com/F1

ルクレールが一気に10位、ラッセルは12位まで下がっています。ジョビナッツィはハードに交換。

SC中(Lap3)

Lap4:レース再開、ノリスにペレスがターン4でアウトから襲いかかるが、コースアウト10位まで転落。

若干ラインを潰されましたが、これは仕方がない。

Lap7:フェルスタッペンはノリスに3秒差、ノリスはメルセデス2台を抑えています。

ガスリーはボッタスから3秒遅れ、6位角田以下はトレイン状態です

 

フェルスタッペンは、ノリスというオレンジアーミーバリケードを手に入れてリードを広げるのみです。

Lap13:ハミルトンはノリスに迫っています。角田はハードへ19位

Lap14:ガスリーはハードへ18位

※角田はピットレーンエントリーの白線を跨ぎ+5秒ペナルティ

 

Lap15:ストロールはハードへ19位

Lap18:リカルドはベッテルをパス、ベッテルはハードへ19位

Lap20:ハミルトンはターン4でノリスをパスして2位、角田はミックをパスして15位、ベッテルはストロールをパスして17位

※ノリスはペレスの押出しで5秒ペナルティになりました。うーん、これはどうなんだ?

Lap21終了時点

Lap28:5位リカルドはボッタスに23秒離され、ルクレールとペレスを従えています。

Lap30:リカルドはハードへ12位

Lap31:ノリスはハードへ+5秒ピットで4位、ボッタスはハードへ3位

Lap32:ラッセルはハードへ16位、ハミルトンはハードへ2位

 

Lap33:フェルスタッペンはハードへ1位、ペレスはハードへ10位

Lap35:ルクレールはハードへペレスの後ろ10位

ハミルトンはターン10の縁石でリアにダメージがあるようです。

Lap38:ラッセルはストロールをパスして12位、ガスリー・リカルド・ペレス・ルクレールが団子状態になっています。

 

Lap40:ルクレールはターン4でアウトからペレスの前へ、ペレスに接触され押し出されました。

※ペレスには5秒ペナルティです。

Lap46:ガスリーはハードへ12位

Lap47:ペレスとルクレールはターン6で又も接触・・・

Lap49:サインツはミディアムへ9位

※ペレスには2度目の5秒ペナルティです。

ちょっとペレスさん何しとん!?いつになく焦ってますねぇ。

 

Lap50:サインツは角田をパス8位

Lap50終了時点

Lap52:ボッタスはハミルトンをパスして2位

Lap53:角田はハードへ14位

Lap54:ノリスはハミルトンをパスして3位

Lap55:ハミルトンはハードへ4位

※角田はピットレーンエントリーの白線を跨ぎ(2度目)+5秒ペナルティ(2度目)

 

Lap61:フェルスタッペンはハードへ1位、万全を期してファーステストを取りに行きます。

10位ラッセルと11位アロンソのバトルが続きます。

62周目フェルスタッペンはファーステスト6秒台をマーク、ハハハ速すぎだわ!

マックスのリアタイヤにはスローパンクチャーが発生していたようです@@!ラッキーピットストップでしたな。

 

Lap66:サインツはルクレールをパスして7位

Lap68:アロンソはターン4でラッセルをパスして10位、Oh No ラッセル;;

Lap71:サインツはリカルドをパスして6位、ライコネンとベッテルが接触、ベッテルはコースアウトしてリタイアです。

Lap71終了:フェルスタッペンは余裕のチェッカー、ボッタス2位、ノリスが3位です。

 

そしてやっぱり降る降る詐欺でしたなぁ。

オーストリアGP決勝結果


Sponsored link


まとめ

レッドブル・ホンダ5連勝!フェルスタッペン3連勝!

ポールポジション、全周回リードラップ、優勝、ファーステストラップ、今度こそ完全勝利!

またも速すぎたとしか言えないマックスでした。

表情も穏やかで強さがあり、何やら変化がある、ちょっとこれは止められないかもしれないぞ。

https://twitter.com/F1

ホンダの田辺さん再び表彰台へ上がる!

 

 

ノリスがマックスファンの証であるオレンジアーミーのように、序盤メルセデス2台を抑えきった。

この時の差が大きすぎて、フェルスタッペンは一人旅。サンキューノリス♪

 

メルセデスは確かにタイヤもちが良くなっていたが、ペースは足りなかった。

ハミルトンは早々にマシンダメージがあり、追加のピットストップ、ローペースで4位になってしまった。

うーん、なんというか中団勢よりセッティングに対するゲインが無いんだよなぁ。昨年速すぎたマシンだけにバランスが崩れると全てが狂うのか?

次戦のアップデートに期待しましょう。

 

ペレスはやっぱり焦ってるんだね、大人な態度をとっているけど、心底焦っている。

今日のダーティードライビングはいただけない。バトルで相手に対するリスペクトは絶対に必要な世界です。

戦うポジションが変われば、それだけ必要なテクニックもある、抑える微妙なラインとかね、そこを学ぶ必要があるようだ。

 

アルファタウリはソフトスタートだった事が、ポジションダウンの原因。

ガスリーの2ストップ作戦で9位はお見事でした。

角田はやれるだけのことはやったと思うが、無駄なペナルティ×2はなんで?

 

マックスのオレンジアーミーファン、オレンジのマクラーレン2台、これがこのレースの鍵だったように思います。

ノリストレイン、リカルドトレイン、レッドブル勢にとってはいい面と悪い面があった。

 

夏休み前の、シルバーストンとハンガロリンク、ここでメルセデスが競ってこないようであれば、マックスのチャンピオンは揺るぎないものになるかもしれない。

 

※ラッセル11位とかやめて~ってコメント書いたら現実に・・・。