2019年F1最後のレースがスタートします。

絶対王者ハミルトンが有終の美を飾るか?フェルスタッペンが連勝するか?それとも伏兵が現れるのか?来季シートが無いヒュルケンベルグ、クビサの引退レースになります。

Sponsored link

スタート順とタイヤ

ピットインロスタイムは約20秒です。

アブダビGP決勝レポート

天候は晴れ、気温27℃、路面温度32℃でスタートしました。

https://twitter.com/F1

スタートではガスリーは接触してフロントウィングを脱落、最後尾まで落ちる、ターン8でルクレールがフェルスタッペンをパス

Lap2:ガスリーはピットインしてHへ、フロントウィングを交換に手間取りラップダウン寸前。

Lap2終了時点

Lap4:ボッタスは14位までポジションアップ

Lap6:ストロールはHへ

DRSが使えない検知トラブルが発生している。

Lap7:ボッタスはマグヌッセンをパスして11位、DRSが無いので簡単には上がってこれない。

Lap9:ノリス、ジョビナッツィはHへ

Lap12:リカルドはHへ

Lap13:ルクレールはHへ、ベッテルはHへ、珍しいフェラーリのダブルピットストップでしたが、ベッテルは静止時間6秒強

ヒュルケンベルグ以下、ボッタス、ベッテル、アルボンが延々とバトル中

Lap17終了時点

DRSがやっと使えるようになり、ボッタスはヒュルケンベルグをパス

Lap19:ヒュルケンベルグはMへ

Lap24:ジョビナッツィはクビサに接触しながらパス16位

静かなレース展開が続いています。

Lap26:フェルスタッペンはHへ3位

Lap27:ハミルトンはHへ1位、HAM-6s-LEC-4s-VERとなるトップ3です。

Lap30:ボッタスはHへ6位

Lap30終了時点(BOTまで)

Lap32:フェルスタッペンはルクレールをパスして2位

フェルスタッペンは、スロットルに対する反応に文句を言いながら、ルクレールを追い詰めてオーバーテイク・・(笑)

Lap37:4位ベッテル以下、アルボン、ボッタスが1画面以内に収まるバトルに発展しそうです。

Lap38:ぺレスはHへ12位

Lap39:ルクレールはS、ベッテルはMへ、ダブルピットストップ!! ボッタスはアルボンをパスして4位

Lap41:クビアトはMへ12位

Lap42終了時点

Lap46:ぺレスはヒュルケンベルグをパスして8位、クビアトも背後に迫っています。

Lap47:クビアトはヒュルケンベルグをパスして9位、ストロロールはピットインしてリタイアしています。

Lap54:ベッテルはアルボンをパスして5位

Lap55:ぺレスがノリスをパス7位、サインツはヒュルケンベルグをパス10位

ハミルトンがトップチェッカー、フェルスタッペンは16秒差で2位

アブダビGP決勝結果

まとめ

ハミルトンが一度もトップを譲る事無くファーステストも獲り完勝!見事なポールトゥウィンでした。なんて強さなんだろうか、もうどうしようもないわ(笑)

https://twitter.com/F1

レッドブル・ホンダはフェルスタッペンが1周目で3位に落ちた時点チャンスが無くなった。まぁでも2位につけていてもハミルトンに上手くギャップコントロールされていただろう、結果として2位表彰台は最大限の仕事だったと思う。

 

3位ルクレールはタイヤに苦労して2ストップを選び、なんとか最後尾スタートのボッタスから逃げ切った。

序盤DRSが使えなくて苦労したボッタスは最終的に3位ルクレールとの差1秒以内の4位。3位ルクレールがもし燃料積載量報告義務違反で失格なら3位となる。

 

今回の表彰台の3人は、来年間違いなくチャンピオン争いを繰り広げるはずだが・・。フェラーリが何処までコーナーに対してアジャストしてくるかにかかっている。

さぁ来年はどんな事になるのやら、楽しみであり確実に疲れるだろう22戦の戦い、今からなんか恐いなぁっと思うのであります。

ホンダさん来年こそはパワーとマイレージの両立をやってのけてチャンピオン争い期待しております。