https://www.racefans.net/

2021年のF1シートは、コロナウィルスパンデミックによるシャットダウン期間に早くも動き出し、7月開幕前に上位チームのいくつかは、ドライバーラインナップを決定してしまった。

分配金が大幅に減っている2020年、大きな資本金を持たないチームの経営は逼迫している、そのため高給なベテランから、スポンサーなどを持ち込める新人系ドライバーに替わるのは必然か・・。

Sponsored link

2021年F1ドライバー契約状況

チーム ドライバー1 ドライバー2
メルセデス ハミルトン ボッタス
レッドブル フェルスタッペン アルボン
フェラーリ ルクレール サインツ
アストンマーチン ベッテル ストロール
アルピーヌ アロンソ オコン
マクラーレン リカルド ノリス
アルファタウリ ガスリー 角田
アルファロメオ ライコネン ジョビナッツィ
ハース シューマッハ マゼピン
ウィリアムズ ラッセル ラティフィ

※契約ドライバーは緑色

メルセデス

ボッタスと単年度契約を終結、ハミルトンは4年契約を交渉中と噂される、残留は確定でしょう。

レッドブル&アルファタウリ

フェルスタッペンは複数年契約済み、ガスリーは発表されていないがほぼ確定でしょう。問題はあと2人のドライバーとなるが、アルファタウリには、レッドブルジュニアNo.1でホンダの後押しがあるF2ランキング暫定3位の角田が有力。

レッドブルのシートはどうなるのか?候補はアルボン、クビアト、ヒュルケンベルグ、ペレスなどの名前が挙がる。レッドブル育成外からありえるのか?

フェラーリ・アストンマーチン・アルピーヌ・マクラーレン

この4チームは、契約ドライバーの入れ替えは無いだろう。

アルファロメオ

ライコネン、ジョビナッツィの残留が決定!ザウバーとアルファロメオの提携も継続になった。

ハース

総入れ替えを正式発表、資金力のあるマゼピン、アイロット・シューマッハなどフェラーリアカデミー系を受け入れてフェラーリPU減額などを引き出すだろう。Telmex,telcelの支援を持っているペレスも候補の一人だろう。

ウィリアムズ

早々にラッセル&ラティフィの残留を発表していた。だがしかし、ラッセルのシートをお金でこじ開けようとペレス、マゼピンが触手を伸ばしているらしい。

まとめ

ベッテルの加入で契約を買い取られたペレス、Escudería Telmexを率いるカルロス・スリム氏はストロール氏に泥を塗られた格好になる。是が非でもペレスのシート確保に乗り出すと思う。Ferrari Driver AcademyとEscudería Telmexは提携関係にあり、フェラーリの影響力があるチーム、アルファロメオとハースの4シートは狙いどころだ。

このような経済状況下、予算制限の影響を受けるのはメルセデス、レッドブル、フェラーリぐらいなもの、その他のチームは分配金に頼り切っている経営であり資金不足となっている。

 

F1に関わる世界的な富豪の息のかかったドライバーがシートを確保するのは必然、それと一つ気になるのはロシアGP、ロシア人ドライバーは今まで途切れた事は無く、ソチはプーチン氏もたまに出向く場所である。

ロシア人ドライバーが必ず居る事は、F1と密約でもありそうな気がする。クビアトoutとなればマゼピンinは確定事項なのかも?スーパーライセンス発給条件が緩和された事にも関係しそうな・・・。

 

アルファロメオはフェラーリ、ハースはジーン・ハースの意向が強く反映される。ウィリアムズはファンドの考え次第、契約解除金との兼ね合いで簡単に覆るシートである。

 

資金面とドライビング能力で優位なのはペレス、次に資金面でマゼピン、この二人の動向次第でシートが埋まっていくのかもしれない。

※追記事項

  • 2020.10.29:アルファタウリは、ガスリーと2021年の契約を発表
  • 2020.10.30:アルファロメオは、2021年ドライバーラインナップをライコネン、ジョビナッツィに決定

これで残るはレッドブル①、アルファタウリ①、ハース②のみになった。ラッセルは契約通りに2021年もウィリアムズで走る事が決定的。さぁ本当にわからなくなってきたなぁ・・。

  • 2020.11.26:レッドブルは、関与している慈善団体であるWings For Lifeの新アンバサダーにアルボンの就任を発表。(残留へ一歩前進か!?)
  • 2020.12.1:ハースはマゼピンの起用を正式に発表。
  • 2020.12.2:ハースはシューマッハの起用を正式に発表。