https://twitter.com/F1

アゼルバイジャンの首都、城塞都市バクーは世界遺産です。

バクー市街地・サーキットは、F1サーカスの中でも異彩で幻想的な世界を表現しています。

狭くツイスティでオーバーテイクが出来ないモナコのようなコースではなく、超ロングストレートがありDRSを使われると簡単に抜かれてしまう。

ホームストレートから続く3つの直角ターンはバトルを演出するが、ラインの取り合いでクラッシュが多く発生しセーフティーカー率は高い。

波乱必死のバクー、そんな印象が強いサーキットになります。

Sponsored link

バクー市街地・サーキット

1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
6.003 51 64.6 215.0 0.25 C3|C4|C5

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

 

ターン16からターン1までは、スロットル全開で走り抜けるためパワーが重要となり、速い車にDRSを使われると簡単に抜かれてしまうコースです。

低速コーナーも多いため、ダウンフォースとドラッグのバランスをとるのが難しく、マシンのセッティングはエンジニアを悩ませます。

 

ダウンフォースを削るためタイヤへの負担も多くなります。

モナコ同様に一番柔らかいコンパウンド設定になります。

ダウンフォースとのバランスでソフト側に寄せるか、ハード側に寄せるかセッティングは難しくなるでしょう。

各ターン(コーナー)のスピード

テレメトリーデータ(2021年ハミルトン・フェルスタッペン)

https://www.f1-tempo.com/

ピレリによるサーキットの指標

  • リアタイヤ内圧21.5⇒22.5psi(after FP2)