シンガポールでは前戦イタリアでのペナラッシュがあったためPU関連はものすごく静かでした。

ホンダは違った意味で騒がしかったですね。あんな記者会見でもF1現場にいる責任者の長谷川さんが発表できず、わざわざ役員が来て発表ですからね。サラリーマン文化ホンダは決済権がやっぱり今後の鍵になるでしょう。

14戦終了時点のパワーユニットエレメント使用状況になります。

Sponsored link

パワーユニット使用状況

CarDriverICETCMGU-HMGU-KESCE
44MercedesLewis Hamilton444333
77MercedesValtteri Bottas444333
03RBR TAG HeuerDaniel Ricciardo556333
33RBR TAG HeuerMax Verstappen555333
05FerrariSebastian Vettel343334
07FerrariKimi Räikkönen344333
11Force India MercedesSergio Perez333322
31Force India MercedesEsteban Ocon333332
19Williams MercedesFelipe Massa333332
18Williams MercedesLance Stroll333322
14McLaren HondaFernando Alonso799765
02McLaren HondaStoffel Vandoorne71010766
26Toro RossoDaniil Kvyat555344
55Toro RossoCarlos Sainz445334
08Haas FerrariRomain Grosjean444333
20Haas FerrariKevin Magnussen443333
27RenaultNico Hülkenberg345344
30RenaultJolyon Palmer455333
09Sauber FerrariMarcus Ericsson444433
94Sauber FerrariPascal Wehrlein444433


Sponsored link


PU状況分析

今回はマイレージを考えた新規投入がMGU-K,ES,CEに多く発生しています。サインツがICE,TCの4基目を投入しました。決勝で4位なっている事もあり多少の利益はあった模様。

メルセデスの安定ぶりは群を抜いていて、この表を見ていると惚れ惚れしてしまうほど綺麗な数字がならんでますよね。いやはや感心感心!

あと6戦となったF1グランプリですけど、ペナルティ発生しそうなのはホンダ、ルノーそして2016フェラーリあたりは怪しいですね。

レッドブル勢はあと1基づつICE,TC,MGU-Hは必要となりそうだし、フェラーリは少しでも改善されたICEを投入する事でチャンピオン争いに望みをつなげる事ができますね。