2017年F1第3戦となったバーレーングランプリでのマクラーレンホンダとトップの差を明確にします。この記事企画自体ホンダ復帰の2015年から行っていて段々とトップギャップが縮まっていくのを期待していた訳ですが今年は逆に広がっています。もう企画倒れしそうです。

Sponsored link

バーレーンGP予選タイム差+3.285秒

1 バルテリ ボッタス Mercedes 1’28.769
15 フェルナンド アロンソ McLaren 1’32.054

Q2のアタック途中でトラブルによりタイムアップできなかったアロンソですが、ベストタイムより0.5秒速かったようです。そのことを加味しても2.785秒差ですけど絶望的数値ですね。

参戦初年度に戻ったようなタイム差になっています。

バーレーンGP決勝タイム差リタイアで無し

バンドーンはピットからスタートすらできず、アロンソはなんとか入賞を目論んで必死に走っていましたが、終盤54周目でピットへ戻ってリタイアしています。エンジントラブルではなく、アロンソがただ単に走るのをあきらめたと言うような話もでていますが真相は藪の中です。

https://www.formula1.com/

ラップタイム分析

Lapベッテルハミルトンアロンソ対ベッテル差対ハミルトン差
351:34.0041:35.1431:37.54803.54402.405
361:33.8261:35.2881:40.935inlapinlap
371:34.2911:35.4051:56.444outlapoutlap
381:34.2931:35.2861:35.83901.54600.553
391:34.5901:35.5241:35.91701.32700.393
401:34.5051:35.5591:36.74602.24101.187
411:34.6311:38.0841:36.25201.621inlap
421:34.5332:00.3451:36.07101.538outlap
431:34.3651:32.9621:36.04201.67703.080
441:34.3621:32.8871:35.96601.60403.079
451:34.0701:32.9221:35.82901.75902.907
461:34.0961:32.7981:35.62601.53002.828
471:34.2661:33.5921:35.59501.32902.003
481:34.5001:33.5321:35.70301.20302.171
491:34.8761:33.0371:36.04101.16503.004
501:34.1771:33.3481:35.71601.53902.368
511:33.9841:33.3321:36.09102.10702.759
521:34.0851:33.3751:37.32903.24403.954
531:35.1591:33.8591:37.84502.68603.986

終盤のラップタイム比較になりますが、ベッテルとは1.5~2秒差ぐらいで推移していますが、ベッテルを本気で追っていたハミルトンとの差が今回は本当のギャップとなりますね。

軽く約2~3秒差つけられています。予選での予測タイム差2.8秒でしたが、決勝ファーステストタイム差も同じく2.8秒となっています。

 

マクラーレンホンダのトップとの差は現在明確にラップあたり2.8秒と言えると思います。

昨年の終盤では2秒差ぐらいでしたから、実質パワーアップを果たせていないホンダエンジンではこれが限界ですよね。

2017年のF1はまだ3戦目ですがすでにPUパーツが2基、3基と増えている現状、チャンピオンシップを争う体制では無くなってしまっています。

Sponsored link


バーレーンテスト初日でトラブル発生

4月18日、19日とバーレーンで行われるテストでは、初日の今日午前中でまたも水漏れ発生のためPU交換しています。

午後にはやっと走り出し始めました。丁度今この記事を書いてるところ(4月19日0:30)での周回数は17周となっています。

エリクソンなんかはすでに100周こえてますけどね。

開幕前テストだけでは飽き足らずインシーズンテストでも動かないホンダパワーユニットは本気でやばいですね。

マクラーレンホンダ提携解消か?

マクラーレンがシーズン中にメルセデスエンジンへスイッチなんて噂や、マクラーレングループの大株主達が怒りまくっているという話もありますし、いよいよ潮時なのかと私も本気で思い始めました。

まさかが起こるのがF1の世界ですからね。

マクラーレンはメルセデスが首を縦に振れば、まじで換えそうな勢いを感じます。シーズン中にもかかわらずマシンを合わせてしまうかもしれない。

ホンダは日本代表の自覚もつべきだ

ホンダには自動車企業としてではなく日本の代表だという事を自覚してもらいたい。仮にも世界選手権でのこの体たらくは本気で萎えます。昨年まではトークンのせいで遅かったと信じてたファンが泣いています。

このまま恥をさらしたまま撤退するわけにもいかないでしょう、若いやつを育てる?ノウハウを構築する?そんなのはどうでもいいんです。どんな型であれホンダが勝てばいいんです。ファンはそれを望んでいるんです。

高い年棒積んでどうぞメルセデスやフェラーリから引き抜きでもなんでして下さい。それでもホンダというブランドで勝てばホンダの功績なんですから。

フェラーリを見てくださいメルセデスからエンジニアを引き抜き、マーレに燃焼技術を構築してもらい勝っている。それでもフェラーリが勝った事はフェラーリの功績なんですから。

これ以上日本の恥さらしだけは勘弁願いたい、親日家アロンソですらもう勘弁ならなぇって目が本気ですよ。

今後この「マクラーレンホンダとトップギャップ」の企画記事は当分の間3戦ぐらいまとめて行きたいと思っております。