ヨーロッパラウンドがいよいよスタートします。各チーム拠点がヨーロッパのため、アップデートの搬入が容易になる事、またバロセロナテストでのデータとの相関性によりアップデートの優位性がわかりやすいため基本的にスペインGPでは新パーツが多くなる傾向です。

http://www.fia.com/
Sponsored link

スペインGPフリー走行①

ドライバーチームLapsタイムギャップ
1ルイス ハミルトンMercedes281’21.521
2バルテリ ボッタスMercedes301’21.5500.029
3キミ ライコネンFerrari241’22.4560.935
4セバスチャン ベッテルFerrari231’22.6001.079
5マックス フェルスタッペンRed Bull221’22.7061.185
6ダニエル リカルドRed Bull171’23.0841.563
7ケビン マグヌッセンHaas221’23.6702.149
8ロマン グロージャンHaas231’23.7582.237
9ニコ ヒュルケンベルグRenault241’23.9932.472
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso211’24.0042.483
11セルジオ ペレスForce India231’24.1882.667
12エステバン オコンForce India221’24.3242.803
13ストフェル バンドーンMcLaren241’24.4002.879
14フェリペ マッサWilliams341’24.6183.097
15ダニール クビアトToro Rosso181’24.6423.121
16マーカス エリクソンSauber231’24.9663.445
17パスカル ウェーレインSauber241’25.1823.661
18ランス ストロールWilliams341’25.9194.398
19セルゲイ シトロキンRenault101’26.2934.772
20フェルナンド アロンソMcLaren1

スペインGPフリー走行②

ドライバーチームLapsタイムギャップ
1ルイス ハミルトンMercedes391’20.802
2バルテリ ボッタスMercedes381’20.8920.090
3キミ ライコネンFerrari341’21.1120.310
4セバスチャン ベッテルFerrari361’21.2200.418
5マックス フェルスタッペンRed Bull291’21.4380.636
6ダニエル リカルドRed Bull351’21.5850.783
7ニコ ヒュルケンベルグRenault401’21.6870.885
8ジョリオン パーマーRenault431’21.9921.190
9フェリペ マッサWilliams381’22.0151.213
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso341’22.2651.463
11ロマン グロージャンHaas361’22.3711.569
12エステバン オコンForce India371’22.5201.718
13ストフェル バンドーンMcLaren361’22.6931.891
14セルジオ ペレスForce India321’22.7221.920
15ケビン マグヌッセンHaas321’23.0072.205
16マーカス エリクソンSauber371’23.0822.280
17ランス ストロールWilliams351’23.2212.419
18ダニール クビアトToro Rosso271’23.2362.434
19パスカル ウェーレインSauber311’23.5992.797
20フェルナンド アロンソMcLaren211’24.0773.275

フリー走行レポート

メルセデスが見た目も変わる大型アップデートを導入しました。

https://www.formula1.com/
https://www.formula1.com/

ノーズを細くして正面から両サイドに流れる空気量を増加させる、ノーズ下のこの形状で前面から空気を回りこませてフロア下に導くのが狙いです。

メルセデスはアップデート効果なのか、速いです特にハミルトンが気力十分。ボッタスに前回負けた事が余程悔しいのでしょうね。

 

FP1では開始直後にアロンソが白煙をはきながらコースアウト、油圧が低下してエンジンブローです。ベッテルも最終コーナーを抜けた直後にパワーを失いピット出口あたりに止まりピットへ戻りました。

 

噂されていたレッドブルのアップデートはバージボードやウィング類を修正しています。ラップタイムも記録上では詰めていますが昨年のように一番のシャシーと言われるレベルではない。


両ドライバーともグリップレベルがいまいちでいたるところでコースアウトしていてちょっと心配ですね。

 

ミディアムタイヤは全チームグリップレベルの不足に苦戦していました。ラバーグリップがまだない序盤ですが、コースアウトしまくってますし今年のピレリタイヤは総じて固いです。

 

マクラーレンはバンドーンが順調にプログラムを消化しベストタイムもなかなかいいです。やっと順調な週末を過ごせそうなバンドーンには期待できそうですね。

アロンソはFP2で走る事ができましたがセッティングは最悪で最下位タイムです。エンジン関連でまだ問題解決していないのかな。

Sponsored link


ラップタイム分析

メルセデス、フェラーリ、マクラーレンのバンドーンのロングラン時のラップタイムです。()内はタイヤの使用ラップ数です。

ベッテルライコネンハミルトンボッタスバンドーン
S(9~19)S(15~25)S(16~26)S(17~27)S(14~21)
1:27.1291:25.5901:26.0541:26.0061:27.809
1:26.7141:27.0291:25.8081:27.5851:28.073
1:27.0951:25.7421:32.4451:33.3001:28.511
1:28.3841:27.2701:26.6971:26.5321:28.299
1:27.5661:27.5891:26.8701:26.5431:28.439
1:27.4891:27.9411:25.7321:26.8201:29.248
1:29.8261:27.9101:28.5301:26.8811:28.872
1:29.1351:27.8141:27.9011:40.0421:28.659
1:28.6281:28.0561:26.9571:28.716
1:28.8611:28.0811:33.4621:27.235
1:27.8791:27.9921:27.4181:27.551

メルセデスのソフトタイヤでのロングランペースがすこぶるいいです。フェラーリより常にいい感じなんですよね、アップデートの効果とソフトタイヤでの作動温度問題が無いようです。

今回フェラーリは後手後手と言った感じな動き、ベッテルよりはライコネン方が順調な1日目です。

マクラーレンホンダ

https://www.formula1.com/

バンドーンがようやくまともな1日目を消化してラップタイムもまぁまぁ良いですね。メルセデスから大体2秒遅れで周回しています。

空力パーツなどで大きく見た目が変わるアップデートはありません。パワーもないし抵抗を増やすわけにもいかないですもんね。

アロンソは交換したエンジン関連が悪いのか?変な音してるしパワーが無い感じです。明日の修正に期待しましょう。

ホンダレーシングF1コメント⇒2017 SPAIN GRAND PRIX – 1日目フリー走行

F1.comハイライト動画

FP1⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/FP1_summary_-_Spain.html

FP2⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/FP2_summary_-_Spain.html

まとめ

ソフトタイヤは25周ぐらいがおいしい周回数となりそうです。決勝でのタイヤ戦略はこれでほぼ決まりS(22)⇒S(22)⇒M(22)がおそらく基本的な設定になるでしょう。(Sは予選使用で3周オールド状態)

予選トップ10チームはSの新品を残せるかどうかが戦略の幅を広げます。予選前の新品Sタイヤは基本的に5セットなのでQ1、Q2を1セットでクリアできれば何とかなりますが、チーム間のラップタイム差が少ないのでメルセデスとフェラーリ以外は危険です。

アロンソはFP3で何とか修正して頑張ってくれたらいいですね。マクラーレンのマシンはショートホイールベース過ぎてアクセルONで安定性がなくステア修正が多いとの今宮さん津川さんの指摘がありました。

今年もやっぱりシャシー面でもダメっぽい・・そんな未来がちらりと見えてます。