https://twitter.com/WilliamsRacing(2022ウィリアムズのカラーリング)

メカマニアとしては、新レギュレーションマシンの発表が待ち遠しい1月となっています。

レギュレーションの解釈が難しすぎて、正直なところ考察すら出来ません。

 

マシンについては、プロの回答を見てからにします。

ネタ切れなので、F1界の話題やゴシップについてサラッと触れておきますね。

Sponsored link

アストンマーティンのサフナウアー代表が辞任

https://www.formula1.com/

1月5日に公表されたオトマー・サフナウアー代表の辞任。

財政難のチームを運営してきた苦労人、どっしりと構えた印象が強い。

昨年11月にはアルピーヌへ移籍か?などと噂されていた。

 

マクラーレンの元代表であったウィットマーシュ氏が、アストン・マーチンパフォーマンステクノロジーズのグループCEOになっている。

2021年1月にアルピーヌのレーシングディレクターに就任したダヴィデ・ブリーヴィオ氏が、F1は無理だと言っているみたいだ。

 

結局、噂通りなのかもね。

 

E10燃料は20hpダウン

https://www.facebook.com/ExxonandMobilStations/

今年から導入されるバイオエタノール10%混合ガソリンで、馬力が20hpダウンすると試算されている。

2021年まではバイオ成分5.75%でエタノールに限定していなかったが、2022年からはエタノール10%と明記されている。

 

私的な熱量計算で最高15hpダウンを予想していましたが、エタノールに限定される事によって20hpになると考えられます。

レッドブルのマルコ氏は、ホンダが一生懸命開発しており聞いていることはポジティブだと、しかしパフォーマンスはまだ2021年と同じではないと語った。

 

全チーム同じ状況だけど、今よりもブーストアップが必要になると考えられる。

メルセデスは2021年そんな感じでパフォーマンスアップしていたなぁ・・・これってE10の開発から得られた事だったのかもしれない。

ファイアーアップも早かった、一歩リードしているかも。

 

ノリスにリアル恋人??

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lando Norris(@landonorris)がシェアした投稿

 

リアル恋人って見出しは失礼だったな(笑)

若いんだから色んな人と付き合ったらいいんじゃない。

 

ってF1界って出会いとか・・出会いとか・・出会いとか・・少ないんだっけか?

コロナのせいでホテルに閉じ込められてるし大変だ。

お幸せに!

マックス&ケリーは安泰

 

この投稿をInstagramで見る

 

KELLY PIQUET(@kellypiquet)がシェアした投稿

姉さん女房のケリーさん。

年が明けても順調なお二人です。

 

2021年マックスのチャンピオン獲得には、ケリーさんの力添えがあったと思っています。

プライベートの安定は精神的な安定を生む。

 

戦う男に姉さん女房の組み合わせは最強説。

 

 

・今回はこんな感じで許して下さいm(_  _)m