https://twitter.com/F1

メルボルンで開催されるオーストラリアグランプリは1996年から行われています。

アルバート・パーク湖を周回する公道と駐車場の一部を、メルボルン・グランプリ・サーキットとして使用します。

 

旧ターン9,10のシケインが緩やかなターンに改修され全開区間となっています。

旧ターン1,3,6,15はイン側が少し削られる。予選ラップは1分15秒台が予想されています。

Sponsored link

アルバートパーク・サーキット(メルボルン・グランプリ・サーキット)

 

 

1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
5.303 58 80? 250? 0.25 C2|C3|C5

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

 

 

 

旧アルバートパーク・サーキット

https://www.formula1.com/

各コーナー(ターン)スピード

 

 

90~180km/hぐらいの低中速域ターンが多く、適度なダウンフォースが必要。

300km/h以上から減速して入るターン9,10の高速シケインは迫力満点なポイントになります。

ピレリによるサーキットの指標