https://twitter.com/F1

エミリヤ・ロマーニャグランプリは、イモラ・サーキット(アウトードロモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ)で行われます。

2006年までサンマリノGPのサーキットとして開催され、2020年のコロナ禍によって再びF1の舞台に戻ってきました。

 

2006年まで使われていたテクニカルサーキットが改修され、オーバーテイクの出来る高速サーキットに生まれ変わっています。

Sponsored link

イモラ・サーキット(アウトードロモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ)

 

1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
4.909 63 78.7 240.0 0.25 C2|C3|C4

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

各コーナー(ターン)スピード

 

ターン18からターン2までフルスロットルになる、実質ストレートが特徴となったイモラサーキット。

 

ターン5からターン15まではアップダウンと多種多様なコーナーがあり、ストレートが速いだけではタイムが出ない。

コース幅が狭いのも特徴の一つ、テクニカルセクションではドライバーの腕が試される。

ピレリによるサーキットの指標