https://www.formula1.com/

2019年第7戦カナダGPは、フェルスッタッペン5位、ガスリー8位、クビアト10位と言う結果に終わった。

ホンダ勢としては、フェルスタッペンがQ2で敗退したことにより決勝では表彰台争いに絡む事も無く、惜敗と言っていいだろう。本当のパワーとグリップがあるマシンは楽にタイムが出ている事からも、フェラーリやメルセデスにはまだまだ及ばない事と、予選でルノー勢にすら負けてしまった事が気がかりである。

Sponsored link

予選タイム+0.839秒差

https://www.formula1.com/
POS ドライバー F S1 S2 SPD-F S3 タイム Gap Tyre
1 VET 305 19.357 22.427 334 28.456 1:10.240 3 C5
268 291 305
2 HAM 298 19.323 22.369 327 28.754 1:10.446 0.206 3 C5
266 287 299
4 RIC 301 19.692 22.613 331 28.766 1:11.071 0.831 3 C5
267 289 302
5 GAS 297 19.537 22.569 323 28.973 1:11.079 0.839 3 C5
263 283 294
10 MAG 294 19.842 22.990 327 28.954 1:11.786 1.546 2 C5
262 285 295
12 KVY 292 19.954 22.903 324 29.064 1:11.921 1.681 2 C5
261 280 293

※SPD-Fはシケイン(ターン13)手前の最高速度

決勝タイム差+57.655秒

スタートではアルボンがフロントウィングを飛ばしてしまった。ここで彼のレースは終わる。

挟まれて行き場がない、仕方ないね。

ガスリーは5位、フェルスタッペンは9位、クビアトは10位でスタート順をキープしている。

先ずはガスリーがリカルドを早めにパスする事に期待したが出来なかった。序盤の数周DRSを使う事ができたが、リカルドが302km/hぐらい、後ろのガスリーはトウとDRSがあるのに324km/hであった、これでは横に並ぶ事すらできない。

6周目のDRSとノリスのトウをとらえたフェルスタッペンは332km/hまで加速して、303km/hのノリスをパスする。

トップ3より約1秒遅いペースのリカルドに阻まれていたガスリーは、7周終了後にピットへアンダーカット狙いだが、翌周にリカルドがカバーに入り逆転できず。Hスタートのストロールをパスしていったリカルド、対してガスリーはストロールをパス出来ず45周まで延々と後ろを走る事になった。ストロールがピットインした後8位単独走行でフィニッシュしている。

 

前が開けたフェルスタッペンはボッタスに迫る、ボッタスは前のヒュルケンベルグがいなくなった17周からペースアップ、それに2秒以内でついていくフェルスタッペン、ボッタスは30周終了時点でHへ、リカルドの後となる。

リカルドに捕まっている間に逃げたいフェルスタッペンだったがペースは上がらない。約14秒後方だったリカルドとボッタス、ボッタスがリカルドをパスして約1.5秒速いペースで迫ってくる、この時点でボッタスには勝てない事がわかった。ルノー勢の前でなんとか戻りたいが、ピットインロスタイム約18秒差を付けられない。

48周終了時点でMへ、ルノー2台の後ろとなる、あっさりと2台をパスしてボッタス追撃を試みるが、逆にどんどん差を付けられ約22秒差となっていた、そのためボッタスはファーステスト狙いでピットインする事ができている。

 

クビアトは12周終了時点でHへ、14位までダウンしたがサインツを追いかけるように、マグヌッセン・グロージャン・ジョビナッツィをパスしていき11位となっていた。46周目にストロールがクビアトの前で戦線復帰、終盤にペースアップしてストロールを追いかけると、サインツをストロールがパスした直後のターン1でサインツのインに飛び込んだ。

最後に魅せてくれたクビアト!グッジョブ!!

5位フェルスタッペン、8位ガスリー、10位クビアトとなったホンダ勢であった。

まとめ

プラクティスからかなりタイム差があったレッドブル、予選でまさかの事態が起こってしまった。Q2落ちフェルスタッペン、リカルドのスーパーラップで逆転されたガスリー、タイムが伸び悩んだトロロッソ2台。

ホンダパワーが足りないのかな?スペック2を投入してから4戦目でありヤレが出てきた可能性もある。

 

レースでDRS無し、リフト&コーストしていないであろうファーステスト記録時の最高速をサンプリングしてみました。

N-DRS VET RIC HAM VER
SPD 314 314 307 304

ドラッグ&パワーの差が現れた最高速となるのですが、ホンダがルノーに劣っているのではなく、大きくはドラッグの差である。

ターン2を通過している時のほぼ同角度の画像比較です。


ルノーのリアウィングが薄いため、フェラーリと同等レベルのスピードを記録。レッドブルは角度は浅いが前衛投影面積は広めとなる。メルセデスは角度がきついのかな?毎度毎度変わる今のリアウィングは正直何がなんだかわかりませんね(笑)

2016年まであったリアウィングのRは真円で無ければならない規定の方がわかりやすかったです。

何にしてもレッドブルホンダはパワーサーキットであるモントリオールで大敗が事実です。

 

次戦フランスでスペック3投入、イタリアでペナルティを受けるスペック4の噂まで現実味を帯びてきています。

今年中にパワーで追いつく事ができるのか?そんなホンダに期待です。