予選ではハミルトンがQ1脱落という波乱の中、ボッタスが久々にポールポジションを獲得しています。後ろにはフェラーリ2台が控えています。ベッテルのロングランペースが良いのでボッタスとは僅差の争いになりそうです。

グリッドダウンペナルティはストロール5、エリクソン5、ガスリー15、ハートレー25、リカルド10となっています。

Sponsored link

スタート順とタイヤ

ブラジルGP決勝レポート

天気は晴天、気温27℃、路面温度60℃の中71周の戦いとなります。

スタートではベッテルが1コーナーを制しました。後ろではリカルドとバンドーンとマグヌッセンが接触、オコンとグロージャンが接触してSCとなりました。3台がリタイアとなってしまいました。

タイヤを痛めたドライバーなどはピットに入りタイヤ交換などを済ませています。

SC中3周終了時点の順位

5周目から再スタートし、アロンソはマッサに抜かれてしまいました。

8周目ハミルトンは11位まで上がっています。

9周目ハミルトンはガスリーをパスし10位

11周目リカルドも次々とパスして12位、ベッテルとボッタスの差は1.6秒

20周目ハミルトンはアロンソをパスして6位、リカルドはぺレスの後ろ9位まで上がっています。

21周目ハミルトンはマッサを抜いて5位

21周終了時点の順位

25周目ソフトのハミルトンがファーステスト、タイムでSSを逆転しています。

28周目ボッタスがSへ、マッサがSへ

29周目ベッテルがSへ、フェルタッペンがSへ、アロンソはSへ、リカルドはやっとぺレスをパスしています。

30周目ライコネンはSへ

33周目リカルドは後ろに迫ってきたフェルスタッペンに道を譲りました。

SSスタート勢のピットが終わった37周終了時点の順位

39周目ヒュルケンベルクがガスリーをパス

42周目ハートレーがリタイア

43周目サインツがガスリーをパス

44周目ハミルトンはピットインSSへ5位で復帰、リカルドはSSへ8位で復帰

47周目リカルドはマッサをパスし6位

48周目ガスリーはストロールをパスしました。

58周目ハミルトンはフェルスタッペンをパスして4位

アロンソはマッサの1秒以内に迫りましたが、ストレートで全くもって追いつけません。

トップ8が60周終了時点の順位

63周目フェルスタッペンはピットインSSへ

66周目ハミルトンがライコネンの後ろ1秒以内に迫ってきました。マッサ、アロンソ、ぺレスは各車1秒以内の戦いを展開します。

71周が終了、ベッテルがさしぶりの優勝を飾りました。ライコネンはハミルトンを何とか抑え3位。

ブラジルGP決勝結果



Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ベッテルがスタートでボッタスを抜いて主導権を握ると、ギャップを上手くコントロールしながらレースを進めて完璧な優勝でした。

最後尾ハミルトンは追い上げまくって最後はライコネンを抜けずに4位止まりですが、速かったなぁちょっと退屈になりそうなレースをリカルド共に先行者を抜きまくって盛り上げてくれました。

終盤のマッサ、アロンソ、ぺレスのバトルも良かったです。マッサの地元引退レースでフェアなバトルが展開されてなによりでした。

 

アロンソはダウンフォースを付けすぎたセッティングでストレートが伸びずどうしようも無かったけどその分タイヤの摩耗は安定してペースは良かったです。

来季のトロロッソ・ホンダにはこのあたりのセッティングは上手くやってほしいですね。

https://www.formula1.com/

表彰台にはスペシャルゲストしてバリチェロとそしてマッサが登場しましたが、去年ほどの感動がなかったなぁ。

これで残すところ2週間後の最終戦アブダビのみとなった2017年のF1です。