9月24日に行われたスーパーフォーミュラ第6戦SUGOでガスリーが2位に入った。ここのところ2連勝していて調子を上げてきたガスリーは予選でもホンダ勢トップの3位でした。

しかもQ3(8台中)進出ホンダ勢は、彼のみとなっていてホンダがいかに劣勢状態であるかを物語っている中での活躍だ、ドライバーとしての能力はどう見積もってもSFドライバーの中でNO.1なのは間違いない。

今回2位に入りポイントランキングでもたったの0.5差で2位となったため最終戦SUZUKAのダブルヘッダー戦でチャンピオンになる可能性が高くなっている。

2018年トロロッソ・ホンダのドライバーとしてF1デビューが内定しているだけに、日本人ドライバーを破ってSFチャンピオンを土産にしてもらいたいところだ。

http://superformula.net/
Sponsored link

スーパーフォーミュラ第6戦SUGO結果

ドライバーCar Name / EngineLapsギャップBestTime
車両:SF14 / タイヤ:ヨコハマ
1関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA681h19’00.4391’08.252
2ピエール・ガスリーTEAM MUGEN Honda680.2431’08.304
3中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S TOYOTA681.1741’08.314
4国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA686.7541’08.402
5フェリックス・ローゼンクヴィストSUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA6811.4721’08.757
6石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA6812.6461’07.697
7小林 可夢偉KCMG Elyse TOYOTA6819.4521’08.797
8伊沢 拓也DOCOMO DANDELION M41Y Honda6820.7411’08.606
9ヤン・マーデンボローITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA6821.4591’08.355
10アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S TOYOTA6828.9711’08.052
11山下 健太FUJI×raffinee KONDO TOYOTA6836.6941’08.320
12野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40S Honda6841.2101’08.198
13ナレイン・カーティケヤンTCS NAKAJIMA RACING Honda6844.6001’08.311
14小暮 卓史B-Max Racing team Honda671 Lap1’08.963
15大嶋 和也SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA671 Lap1’08.683
16塚越 広大REAL Honda671 Lap1’07.888
17中嶋 大祐TCS NAKAJIMA RACING Honda671 Lap1’07.953
18山本 尚貴TEAM MUGEN Honda662 Laps1’08.556
19ニック・キャシディFUJI×raffinee KONDO TOYOTA653 Laps1’07.875

予選3位から好スタート切ったガスリーは、あわや1コーナーでトップに立てるかと思わせるほど鋭かった。結局は2番手を延々走る事になった。

トップの関口は42周目に周回遅れが接近したためにピットインして給油を済ませた。ガスリーは58周目でピットイン、この間猛プッシュしたがオーバーカットは成功しなかった。それでも最後は関口のすぐ後ろでチェッカーを受けておりその差たったの0.2秒となっている。

http://superformula.net/

スーパーフォーミュラポイントランキング

 順 Noドライバー 12 34567合計
*表中ポイント数字の 太字:優勝 下線:予選ポールポジション
12石浦 宏明50.551055333.5
215ピエール・ガスリー141010833
37フェリックス・ローゼンクヴィスト2.5868428.5
419関口 雄飛5551025
537中嶋 一貴1123622
636アンドレ・ロッテラー4536220
718小林 可夢偉2.5282216.5
81国本 雄資614516
916山本 尚貴820.510.5
103ニック・キャシディ3418
114山下 健太11.546.5
128大嶋 和也66
1341伊沢 拓也1315
1420ヤン・マーデンボロー1.5113.5
1510塚越 広大33
1664中嶋 大祐22
1740野尻 智紀112
50小暮 卓史
65ナレイン・カーティケヤン


Sponsored link


最終戦は鈴鹿ダブルヘッダー

最終戦は鈴鹿で10月22日に決勝が2回行われる。この最終戦は優勝ポイントが5点⇒8点にアップされるため各予選のポールを含めると最大で18点の獲得となる。

ランキング6位のロッテラーまでが可能性を残している状態になっています。そうは言ってもチームの状態やドライバーの調子などから考えても石浦、ガスリー、ローゼンクヴィスト、関口のランキング4位までが実質のタイトル争いになるでしょう。

 

こうなったらガスリーにチャンピオン取ってもらいたいね。そしてトロロッソ・ホンダでもその勢いで活躍してもらいたいですね。

10月22日は昼間はSFで明け4:00からアメリカGPと充実したモタスポ日和となりそうです。

サラリーマンとしてはアメリカGPはキツイのだけどなぁ( ノД`)