予選ではベッテルが圧倒的タイムでポール、レッドブル2台がつづいています。ライコネンはアタックラップにてミスがあり4位、メルセデスは5,6位に低迷しています。メルセデスの低速域におけるダウンフォースは安定せず不足しているようです。

Sponsored link

スターティンググリッド

posドライバーposドライバー
2M.フェルスタッペン1S. ベッテル
4K. ライコネン3D.リカルド
6V.ボッタス5L.ハミルトン
8F.アロンソ7N. ヒュケンベルグ
10C.サインツ9S.バンドーン
12S. ペレス11J.パーマー
14E.オコン13D.クビアト
16K.マグヌッセン15R.グロージャン
18L. ストロール17F.マッサ
20M. エリクソン19P.ウェーレイン

シンガポールGP決勝レポート

決勝は61周で争われます。天候は雨、スタート15分前に降り始めました。気温28℃、路面温度32℃となっています。雨は小降りで路面は濡れてます。

上位6台はインター、7.8.9はウェットを選択しています。雨の降り方次第でウェット有利になりそう、雨のスタートはさしぶりです。

スタートでは最悪の展開フェルスタッペンとライコネンが接触し飛んだライコネンがベッテルに当たりアロンソも巻き込まれる。ベッテル、フェルスタペン、ライコネンがリタイアしSC導入です。

https://www.formula1.com/

その間順位はハミルトン、リカルド、ヒュルケンベルグ、ぺレス、ボッタス、パーマー、バンドーン、オコン、サインツ、マグヌッセンとなっています。

5周目レース再開パーマーが5位に浮上、パーマー初入賞のチャンス!!

7周目ハミルトンはすでにリカルドに4秒差、路面の水量が少なくなっています。

9周目トラブルを抱えながら走っていたアロンソはここでリタイア

インター勢のペースが速くサインツがオコンを抜いています。

11周目クビアトがマグヌッセンを抜いた直後クラッシュ。またSCになりました。

https://www.formula1.com/

リカルドは新品インターへ、ウェット勢のほとんどはこの間インターへ交換しています。

15周目レース再開ハミルトン、リカルド、ボッタス、サインツ、ヒュルケンベルグ、ぺレス、パーマー、ストロール

レインだったマッサは抜かれまくってポジションダウン結局ピットインしてインターへ

20周目ハミルトン-3秒-リカルド-8秒-ボッタス-10秒-サインツとなっています。サインツの後ろが詰まってきました。

雨は降ってないけど路面が乾かない、ナイトレースのためか湿度のためかラップはやっと2分ぐらい2時間レースは確実になっています。

25周目マッサ、マグヌッセンはUSへ

27周目ストロールがUSへ、そろそろインターのペースを上回る事ができそうです。

28周目サインツはSSへ、バンドーンはUSへピットミスでタイムロス、全車ぞくぞくピットイン

29周目リカルドはUSへ、ボッタスはUSへ

30周目ハミルトンがUSへ、パーマーもUSへ、全車ドライタイヤへ交換完了しました。

US以外がサインツがSS、エリクソンがSとなっています。

7位パーマーをバンドーンが攻め立てています。5位サインツに迫るぺレス、所々でバトルが勃発してきました。

35周目ラップタイムは49秒台へ、ハミルトンとリカルドは9秒も差があります。

38周目エリクソンクラッシュSCとなりました。

https://www.formula1.com/

41周目レース再開、残り26分となってしまいました。

ハミルトン速いひとりフレッシュエアーを受けるハミルトンには付け入る隙がありません。

ストロール以下はDRSトレイン状態になっています。

48周目ヒュルケンベルグがトラブルでリタイア

50周目マグヌッセンはMGU-Kトラブルでリタイア

58周にて2時間を超える大混乱のレースが終わりました。

ハミルトン、リカルド、ボッタスと順にチェッカーを受けました。

シンガポールGP決勝結果

ドライバーチームLapsギャップピット
1ルイス ハミルトンMercedes58 2:03’23.5431
2ダニエル リカルドRed Bull584.5072
3バルテリ ボッタスMercedes588.8001
4カルロス サインツ Jr.Toro Rosso5822.8221
5セルジオ ペレスForce India5825.3592
6ジョリオン パーマーRenault5827.2592
7ストフェル バンドーンMcLaren5830.3882
8ランス ストロールWilliams5841.6961
9ロマン グロージャンHaas5843.2821
10エステバン オコンForce India5844.7953
11フェリペ マッサWilliams5846.5363
12パスカル ウェーレインSauber562 laps3
ケビン マグヌッセンHaas503
ニコ ヒュルケンベルグRenault483
マーカス エリクソンSauber354
ダニール クビアトToro Rosso10
フェルナンド アロンソMcLaren8
セバスチャン ベッテルFerrari0
マックス フェルスタッペンRed Bull0
キミ ライコネンFerrari0


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

スタート失敗のベッテルがフェルスタッペンに寄せたせいでフェルスタッペンはライコネンに接触そして自分のマシンも壊し3台揃ってリタイア。

その間トップにたったハミルトンは悠々とレースを進めて優勝!リカルドが2位、ボッタスも3位に入ってメルセデスはラッキー1,3フィニッシュです。

 

そして混乱の最中なんとパーマーが6位入賞おめでとう!!やっととれたねポイント来季シートがなくなった事で呪いが消えたのかなw

最近混乱があると生き残るストロールが8位、彼はいいドライバーに変貌しましたね。だてにプライベートテストしてないよっと!

バンドーンが自己最高7位フィニッシュ、スタートでダメージがなければアロンソも間違いなく入賞していましたねそんな速さを見せたマクラーレンホンダでした。

28点差になったベッテルのチャンプは怪しくなってきました。あと6戦果たしてどうなるのか?フェラーリはまだまだ頑張れるはず頼むぜフェラーリ!

F1.com動画リンク

スタートクラッシュ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/9/Race__Vettel__Verstappen___Raikkonen_out_after_chaotic_wet_start_.html

決勝ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/9/Race_Highlights_-_Singapore_2017.html