7月8日にフリー走行3回目と予選が行われたオーストリアGP。金曜日のフリー走行ではハミルトンが好調でしたがギアボックス交換で5グリッド降格が決まっています。

Sponsored link

オーストリアGPフリー走行③

ドライバーChassisLapsタイムギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari181’05.092
2ルイス ハミルトンMercedes211’05.3610.269
3バルテリ ボッタスMercedes191’05.5150.423
4キミ ライコネンFerrari191’05.6110.519
5マックス フェルスタッペンRed Bull241’05.7840.692
6ダニエル リカルドRed Bull291’05.8960.804
7ケビン マグヌッセンHaas211’05.9360.844
8ロマン グロージャンHaas221’06.0150.923
9ダニール クビアトToro Rosso281’06.2791.187
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso191’06.2841.192
11エステバン オコンForce India261’06.3741.282
12ニコ ヒュルケンベルグRenault181’06.5631.471
13ストフェル バンドーンMcLaren181’06.5781.486
14ジョリオン パーマーRenault221’06.5951.503
15フェルナンド アロンソMcLaren201’06.5991.507
16ランス ストロールWilliams221’06.7761.684
17フェリペ マッサWilliams241’06.8651.773
18セルジオ ペレスForce India281’06.8751.783
19マーカス エリクソンSauber211’07.3782.286
20パスカル ウェーレインSauber251’07.4682.376
http://www.fia.com/

フリー走行③レポート

アロンソはスペック3に組み込まれたMGU-Hに問題がみつかったため、スペック2に戻して戦う事になってしまいました残念です。

開始早々にサインツがストップしてしまいました。今年のトロロッソはよく止まりますね。

各車予選想定アタックに入るとレッドブルの後ろはハース、トロロッソがいいタイムで続きました。フォースインディアが以外にも苦戦していて心配です。

ハミルトンは終盤ブレーキディスクが割れるトラブルに見舞われましたが大事には至らず一安心。サインツも最後の最後の走る事が出来ています。

オーストリアGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1バルテリ ボッタスMercedes1:05.7601:04.3161:04.251
2セバスチャン ベッテルFerrari1:05.5851:04.7721:04.2930.042
3ルイス ハミルトンMercedes1:05.0641:04.8001:04.4240.173
4キミ ライコネンFerrari1:05.1481:05.0041:04.7790.528
5ダニエル リカルドRed Bull1:05.8541:05.1611:04.8960.645
6マックス フェルスタッペンRed Bull1:05.7791:04.9481:04.9830.732
7ロマン グロージャンHaas1:05.9021:05.3191:05.4801.229
8セルジオ ペレスForce India1:05.9751:05.4351:05.6051.354
9エステバン オコンForce India1:06.0331:05.5501:05.6741.423
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:05.6751:05.5441:05.7261.475
11ニコ ヒュルケンベルグRenault1:06.1741:05.5971.346
12フェルナンド アロンソMcLaren1:06.1581:05.6021.351
13ストフェル バンドーンMcLaren1:06.3161:05.7411.490
14ダニール クビアトToro Rosso1:05.9901:05.8841.633
15ケビン マグヌッセンHaas1:06.1431.892
16ジョリオン パーマーRenault1:06.3452.094
17フェリペ マッサWilliams1:06.5342.283
18ランス ストロールWilliams1:06.6082.357
19マーカス エリクソンSauber1:06.8572.606
20パスカル ウェーレインSauber1:07.0112.760

予選レポート

Q1ではベッテル、ボッタスがSSタイヤでクリアしています。マクラーレンは2台とも何とかクリアしていますがスペック3のバンドーンの方が遅く乗れていません。

Q2ではハミルトンだけがSSタイヤでクリアしています。マグヌッセンはサスペンショントラブルで走れずに15位確定となっています。マクラーレンはここで2台ともに脱落しました。

Q3ではボッタスが先行で最速タイムを出しています。ミスをしていたベッテルが2番手、ハミルトンが3番手となった1回目のアタックです。

残り37秒にてグロージャンがセクター2コース上で停止してしまいました。全車最終アタック中でしたがタイムアップ出来ずに時間切れとなってしまいました。

Q2タイムを更新できないマシンが5台もあり、グロージャンのせいでなんとも盛り上がりに欠ける予選となっています。


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

このコースを得意としているボッタスがポールポジション、フェラーリのベッテルが2位となりました。

ハミルトンはポールをとって6番手スタートを目指していたはずですが、最終Q3でミスが目立ち3位となり決勝は8番手スタートとなります。決勝はSSでのオーバーカット作戦となるはずです。

 

優勝争いはボッタスにフェラーリ2人が襲い掛かる展開となりややボッタス不利ですね、ポールからペースを落さず逃げ切れる事ができるのか?ベッテルが延々背後霊のようについてくるとボッタスにとっては嫌ですね。

その他ではUSスタート勢のタイヤ戦略がどうなるのかが楽しみな部分、気温次第ではSSとUSを使う2ストップが多くなりそうな気がしています。

F1.com動画リンク

FP3⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/FP3_action_from_Austria.html

ボッタスポールラップ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/Onboard_pole_position_lap_-_Valtteri_Bottas__Austria_2017.html

予選ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/Qualifying_highlights_-_Austria_2017.html