3月25日にフリー走行③が行われ。午後に公式予選セッションがスタートしました。今年からは趣向を変えて結果は一番最後にお知らせします。結果がすぐに知りたい方は目次をクリックして頂ければジャンプします。

Sponsored link

オーストラリアGPフリー走行③

NoドライバーチームLapsタイムギャップ
15  セバスチャン ベッテルFerrari121’23.380
277  バルテリ ボッタスMercedes121’23.8590.479
344  ルイス ハミルトンMercedes121’23.8700.490
47  キミ ライコネンFerrari101’23.9880.608
527  ニコ ヒュルケンベルグRenault101’25.0631.683
63  ダニエル リカルドRed Bull151’25.0921.712
78  ロマン グロージャンHaas111’25.5812.201
855  カルロス サインツ Jr.Toro Rosso111’25.9482.568
926  ダニール クビアトToro Rosso111’26.0492.669
1020 ケビン マグヌッセンHaas111’26.1382.758
1119  フェリペ マッサWilliams151’26.2372.857
1233  マックス フェルスタッペンRed Bull71’26.2692.889
1311  セルジオ ペレスForce India121’26.4573.077
1414  フェルナンド アロンソMcLaren71’26.5563.176
152  ストフェル バンドーンMcLaren91’26.6993.319
1631  エステバン オコンForce India161’27.1033.723
1718  ランス ストロールWilliams121’27.3273.947
189  マーカス エリクソンSauber101’27.4024.022
1930  ジョリオン パーマーRenault121’28.3204.940
2036  アントニオ ジョビナッツィSauber181’28.5835.203

フリー走行③リポート

ザウバーのウェーレインがトレーニング不足を理由に欠場、控えのジョヴィナッツィが出走します。ウェーレインはROCのけがが原因で十分なトレーニングができていませんでした。メルセデスのシートを獲れなかったり今回は欠場と彼にはなんとなく暗雲が・・・。

走りはじめは各車スライドしまくっていますね、昨日と路面が何か変わったんでしょうか。雨が降った情報も入っていませんしラバーグリップが昨日よりは低下したみたいです。

フェラーリとメルセデスは早めにウルトラでアタックラップを行っていてタイムシート上位を占めました。

残り10分になり各車最後の予選想定アタックをしようとした時、ストロールが車の右側が壁に当たって右フロントを大破し赤旗中断となってしまった。このまま師匠呼ばわりされる存在になるのか?こうご期待!!

 

という事で赤旗のせいで各車の速さ分析ができていない状態での予選となりました。

ストロールクラッシュ動画⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/3/FP3_-_Stroll_hits_the_barriers.html

http://www.fia.com/

オーストラリアGP予選Q1

バンドーンが電圧の問題でフューエルフローが上がらないトラブルでパワーダウンでノックアウトになってしまいました。アロンソは12位で通過しています。

各車クリアラップがとれていません。特にマグヌッセンは運が無くノックアウトになっています。エリクソンが渾身のアタックを決め15位に滑り込みQ1突破、急きょ出場がきまったジョビナッツィは最後のアタックでミス、パーマーは昨日のクラッシュからリア周りのトラクションを掴めていないようで最下位、ストロールは・・・実力不足ですね。

予選Q1結果

Noドライバーチームタイムギャップ
144 ルイス ハミルトンMercedes1’24.191
27 キミ ライコネンFerrari1’24.3520.161
333 マックス フェルスタッペンRed Bull1’24.4820.291
477 バルテリ ボッタスMercedes1’24.5140.323
527 ニコ ヒュルケンベルグRenault1’24.9750.784
611 セルジオ ペレスForce India1’25.0640.873
719 フェリペ マッサWilliams1’25.0990.908
85 セバスチャン ベッテルFerrari1’25.2101.019
93 ダニエル リカルドRed Bull1’25.3831.192
108 ロマン グロージャンHaas1’25.4191.228
1155 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1’25.5421.351
1214 フェルナンド アロンソMcLaren1’25.8721.681
1326 ダニール クビアトToro Rosso1’25.9701.779
1431 エステバン オコンForce India1’26.0091.818
159 マーカス エリクソンSauber1’26.2362.045
1636 アントニオ ジョビナッツィSauber1’26.4192.228
1720 ケビン マグヌッセンHaas1’26.8472.656
182 ストフェル バンドーンMcLaren1’26.8582.667
1918 ランス ストロールWilliams1’27.1432.952
2030 ジョリオン パーマーRenault1’28.2444.053

オーストラリアGP予選Q2

アロンソは縁石を乗り越えた際に、エンジンの出力が落ちるというトラブルで2回目のアタックができずに脱落。バンドーンと同じ電圧関連で燃料供給が最大値にならないトラブルです。

メルセデスとフェラーリのタイムは肉薄しています。

レッドブルはルノーパワーがやっぱり足りないようで、5、6位が限界ですね、その後ろにしっかりマッサが入っています。

各車ウルトラでアタックしてベストタイムを記録しています。F1アプリだとタイヤ履歴がハミルトンだけユーズドで通過となっていますがアプリ側の間違いで新品です。

予選Q2結果

Noドライバーチームタイムギャップ
177  バルテリ ボッタスMercedes1’23.215
244  ルイス ハミルトンMercedes1’23.2510.036
37  キミ ライコネンFerrari1’23.3760.161
45  セバスチャン ベッテルFerrari1’23.4010.186
53  ダニエル リカルドRed Bull1’23.9890.774
633  マックス フェルスタッペンRed Bull1’24.0920.877
719  フェリペ マッサWilliams1’24.5971.382
88  ロマン グロージャンHaas1’24.7181.503
926  ダニール クビアトToro Rosso1’24.8641.649
1055  カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1’24.9971.782
1111  セルジオ ペレスForce India1’25.0811.866
1227  ニコ ヒュルケンベルグRenault1’25.0911.876
1314  フェルナンド アロンソMcLaren1’25.4252.210
1431  エステバン オコンForce India1’25.5682.353
159  マーカス エリクソンSauber1’26.4653.250

オーストラリアGP予選Q3

各車1回目のアタック中メルセデス、フェラーリの4台がタイムを記録した矢先、リカルドがクラッシュしてしまいました。10位確定です。地元で空回りするのは定番化してしまっていますね。

やっぱり速かったハミルトンがポールポジション、ベッテルが渾身のアタックでフロントローに並びました。ボッタスはまだまだ波に乗れなていないようで、アクセルオンでオーバーステアが強いようです。

ハースのグロージャンがしてやったり6位に食い込んできました。トロロッソ2台はリカルドがいなくなったおかげで8、9位と好位置をキープ、しっかり結果を出しているマッサが7位になっています。

https://www.formula1.com/

リカルドクラッシュ動画⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/3/Qualifying_-_Ricciardo_puts_his_Red_Bull_into_the_wall.html

予選Q3結果

Noドライバーチームタイムギャップ
144 ルイス ハミルトンMercedes1’22.188
25 セバスチャン ベッテルFerrari1’22.4560.268
377 バルテリ ボッタスMercedes1’22.4810.293
47 キミ ライコネンFerrari1’23.0330.845
533 マックス フェルスタッペンRed Bull1’23.4851.297
68 ロマン グロージャンHaas1’24.0741.886
719 フェリペ マッサWilliams1’24.4432.255
855 カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1’24.4872.299
926 ダニール クビアトToro Rosso1’24.5122.324
103 ダニエル リカルドRed Bull


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ポールタイムは1分22秒188と昨年より1.649秒速い程度でした。空気抵抗のせいで最高速が伸び悩み思っていたほどのタイム更新とはなりませんでした。今後のストレートが多い高速サーキットは似たような現象が起こりそうです。

やっぱり速かったメルセデスとそれに肉薄するフェラーリという構図が昨年のシーズンスタートと一緒です。レッドブルはこういったコースではフェラーリに勝てないかもしれません。ルノーパワー次第です。

決勝では燃費がどうなるのか?タイヤはどこまで走れるのか?色々な注目ポイントがあります。

クラッチ方式が変わった今年はスタートがまずは勝負ポイント!ハミルトンのスタート下手がでれば面白いレースとなりそうです。痛みにくいタイヤで気にせずに攻められる各ドライバーのバトルにも注目していきましょう。

ハミルトンポールラップ動画⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/3/Onboard_pole_position_lap__Lewis_Hamilton__Australia_2017.html