COVID19パンデミック初年度のF1最終戦アブダビGP決勝レースです。最後の最後でポールポジションを奪取した、レッドブル・ホンダ+フェルスタッペンに勝機はあるのか?

メルセデスはバーレーンのペレス、アブダビのラッセルに相次いでMGU-Kトラブルが発生し、安全策で出力を下げているらしい。チャンスだろう!

Sponsored link

スタート順とタイヤ

ピットインロスタイムは約20秒です。

アブダビGP決勝レポート

天候は晴れ、気温23℃、路面温度30℃でスタートしました。

https://twitter.com/F1

全車綺麗なスタートでした。

1Lap終了時点

Lap2:ガスリーがオコンをパスして9位

フェルスタッペンは順調にトップを守り、後方に2秒のギャップです。

Lap4:DRSが解禁されて、ノリスにアルボンが襲い掛かっています。

Lap6:アルボンがノリスをパスして4位

Lap8:ストロールがクビアトをパス7位

Lap10:ターン19を抜けたところでペレスが停止、VSCになり続々とピットインしています。

ペレスはメルセデスPUのERS系トラブルらしく、結局SCが導入されています。

Lap13(SC中)

Lap14:レース再開、サインツはルクレールをパスして8位

Lap17:サインツはベッテルをパスして7位

Lap19:ストロールはルクレールをパスして9位

Lap20:ガスリーはルクレールをパスして10位、ミディアムでステイアウトしたルクレールは辛い立場です。

Lap22:オコンはルクレールをパスして11位

Lap23:ルクレールはハードへ19位

Lap26終了時点

Lap28:ジョビナッツィはハードへ19位、ルクレールは15位まで上がっています。

各ドライバーからは、早めに変えたハードで最後まで行けるとは思えないとの無線が入っています。

Lap29:ガスリーはストロールをパスして9位、ベッテルを追います。

Lap32:ガスリーはベッテルをパスして8位

Lap36:ベッテルはミディアムへ15位

トップ3はペースを抑えタイヤを保たせようとしています。

Lap40:リカルドはミディアムへ7位、ガスリーの前です。

全車硬直状態、フェルスタッペンとボッタスの差は8秒あります。

Lap45終了時点

Lap50:アルボンはハミルトンとの差を徐々に詰めて5秒差まで迫っています。

Lap55:フェルスタッペンがトップチェッカー!リカルドが最終ラップでファーステスト更新!

本当に何事も無く、レースは終了しました。

アブダビGP決勝結果


Sponsored link


まとめ

フェルスタッペンが、フレッシュエアーでトップを余裕で守り、ポールトゥウィンを飾りました。

ホンダが最後にエンジンモードを攻めて、メルセデスがMGU-K出力を下げた事で、パフォーマンス差は激減。ハミルトンは病み上がり、メルセデスが最高の状態ではなかったけど、信頼性による差で最後に勝てたことは、ホンダとしても嬉しいだろう。

https://twitter.com/F1

レース自体は、メルセデスPUの信頼性でペレスが停止、SCとなった事でタイヤ戦略による思惑がなくなった。ただただ安全に辛いシーズンを終えたい、そんな風に見えた最終戦でした。

 

チャンピオンシップでは、マクラーレンがレーシングポイントを逆転し3位、来季メルセデスPUでこれを維持できるだろうか?強いマクラーレンが戻ってきた印象です。

 

レッドブルが、今年やりたかっであろうレース展開、アルボンが4位でトップのフェルスタッペンとサンドイッチ状態、メルセデスのピットストップスペースを潰してタイヤ差による逆転を阻止できていた。

最後の最後で形になったが、レッドブルはマックス以外でも走れるマシンにしなければ、延々とこの状態が続くだろう。来季は開幕から、良いマシンを用意してほしいと願います。

 

2021年もパンデミック状態は続くだろう、感染対策など厳しい開催条件が設けられるだろうし、サーキットに観客が戻れる日は来るのか?やはり観客あってのレースだなぁっと思うところです。