シンガポールGP前にメルセデスがボッタスとの1年の契約延長を発表。そしてホンダがマクラーレンからトロロッソへのパートーナーシップ変更(3年契約)を発表するなど大きな動きがありました。マクラーレンはルノーと3年契約しています。

それに伴いサインツがルノーへレンタル移籍などドライバー市場も活性化、現状のTOP3チームは変わりないですが2018年で長期契約切れとなるドライバー(ハミルトン、リカルド、フェルタッペン)もいる事から来年以降の動きにも注目が集まっています。

現在確定となっている契約と予想です。

Sponsored link

2018年チーム・PU・ドライバー

チーム PU 2017ドライバー 2018ドライバー
メルセデス メルセデス ルイス・ハミルトン ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス バルテリ・ボッタス
フェラーリ フェラーリ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ベッテル
キミ・ライコネン キミ・ライコネン
レッドブル ルノー ダニエル・リカルド ダニエル・リカルド
マックス・フェルスタッペン マックス・フェルスタッペン
ウィリアムズ メルセデス フェリペ・マッサ △フェリペ・マッサ
ランス・ストロール ランス・ストロール
フォースインディア メルセデス セルジオ・ぺレス セルジオ・ぺレス
エステバン・オコン エステバン・オコン
トロロッソ ホンダ カルロス・サインツ △ダニール・クビアト
ダニール・クビアト △ピエール・ガスリー
マクラーレン ルノー フェルナンド・アロンソ △フェルナンド・アロンソ
ストフェル・バンドーン ストフェル・バンドーン
ルノー ルノー ニコ・ヒュルケンベルグ ニコ・ヒュルケンベルグ
ジュリオン・パーマー カルロス・サインツ
ハース フェラーリ ロマン・グロージャン ロマン・グロージャン
ケビン・マグヌッセン ケビン・マグヌッセン
ザウバー フェラーリ マーカス・エリクソン △マーカス・エリクソン
パスカル・ウェーレイン △シャルル・ルクレール

△は予想となります。

パワーユニット状況

ホンダとマクラーレンがまさかの決別となってしまった。セナ&ホンダ&マクラーレンで育ってきた世代としては残念でなりませんが、あの頃のマクラーレンやホンダのような強さがなかったのも事実です。

ホンダの責任は圧倒的に多いけどロン・デニスがいなくなったマクラーレンの体質にも問題があったと思います。

トロロッソはレッドブルのジュニアチームでありその前身はミナルディ。純粋なレーシングチームである事がマクラーレンとの大きな違いとなる。そのことが+に働けば良いけど開幕前テストで後手後手にだけはならないようにしてもらいたい。

マクラーレンはルノーとの3年契約を発表、ルノーは一応ワークスもカスタマーも関係なく同等なものを供給するとしている。

Sponsored link


ドライバー状況

注目はアロンソの動向になるが現状況からもマクラーレン残留が濃厚、ホンダのスポンサーマネーを失ったマクラーレンとの契約は高額サラリーがネックか。

フォースインディアはペレスと契約延長をシンガポールGP決勝前に発表。

ウィリアムズのマッサがどうなるか?メルセデス関連でウェーレイン説が浮上もマルティニのスポンサー意向で25歳以上のドライバーが必要なため難しいはず。結局残留か?

 

トロロッソ・ホンダはサインツ放出の影響でクビ候補だったクビアトが残留する事になると思われる。毎年毎年私のクビ予想をことごとく跳ねのけるクビアトに絶句しそうです。クビクビクビだじゃれじゃないのよw

ガスリーのトロロッソ昇格はほぼ確定でしょう。

チームエリクソンであるザウバーはエリクソンは確定、フェラーリ最新PUを受け取るためにフェラーリアカデミーのルクレールが加入すると思われます。

サプライズがあるとすればアロンソとマッサですね。苦楽を共にした元フェラーリドライバーがどうなるか?

様子を見てみよう。