2017年のF1第2戦中国グランプリは4月8日にフリー走行③と公式予選がおこなわれました。昨日走行出来なかったため各チーム大慌てのフリー走行になっています。時系列にて結果をリポートします。

Sponsored link

中国GPフリー走行③

No ドライバー チーム Laps タイム ギャップ
1 5  セバスチャン ベッテル Ferrari 20 1’33.336
2 7  キミ ライコネン Ferrari 19 1’33.389 0.053
3 77  バルテリ ボッタス Mercedes 26 1’33.707 0.371
4 44  ルイス ハミルトン Mercedes 25 1’33.879 0.543
5 19  フェリペ マッサ Williams 23 1’34.773 1.437
6 33  マックス フェルスタッペン Red Bull 20 1’34.946 1.610
7 3 ダニエル リカルド Red Bull 23 1’35.092 1.756
8 18  ランス ストロール Williams 24 1’35.182 1.846
9 30  ジョリオン パーマー Renault 21 1’35.192 1.856
10 55  カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 24 1’35.223 1.887
11 27  ニコ ヒュルケンベルグ Renault 22 1’35.449 2.113
12 20  ケビン マグヌッセン Haas 22 1’35.521 2.185
13 11  セルジオ ペレス Force India 20 1’35.626 2.290
14 8  ロマン グロージャン Haas 22 1’35.680 2.344
15 26  ダニール クビアト Toro Rosso 23 1’35.804 2.468
16 31  エステバン オコン Force India 24 1’35.811 2.475
17 14  フェルナンド アロンソ McLaren 17 1’35.912 2.576
18 9  マーカス エリクソン Sauber 25 1’36.063 2.727
19 2  ストフェル バンドーン McLaren 21 1’36.221 2.885
20 36  アントニオ ジョビナッツィ Sauber 24 1’36.705 3.369
https://www.formula1.com/

フリー走行③リポート

ザウバーは今回もウェーレインの代わりにジョヴィナッツィが出走しています。マクラーレンホンダのバンドーンはMGU-Hの2つ目を投入しています。コンプレッサーの効率を上げるための改良版との事です。

各車スタート直後からロングランを実施、フェラーリ・メルセデスはドライバーごとに分かれてスーパーソフト(SS)とソフト(S)を評価していました。

ボッタスのTウィングが外れるトラブルが発生しています。コーナーで外れて事なきを得ていますが、これがストレートなどで後方のマシンに当たったらと思うとゾッとします。

😮 @valtteribottas loses his T-wing #FP3 #Formula1 #F1 #ChineseGP 🇨🇳

FORMULA 1®さん(@f1)がシェアした投稿 –


F1としては禁止するいい口実になるかもしれません。カッコ悪いから早く禁止にしてほしい。

SSタイヤを使った予選想定アタックでは、フェラーリの2台がタイムシート上位を占めました。ベッテル、ライコネン共に実に安定したアタックラップですが、メルセデスの2人はどちらもミスがありボッタスは最終コーナーで縁石を飛び越え。ハミルトンは裏ストレートで突っ込みすぎてあわやコースアウトのギリギリでクリアしています。

予選ではメルセデスの二人がミスをしなければ、タイム的には肉薄してくるはず。速さ的には2チームの差はほとんどないと思われますが、フェラーリの方が安定しているように感じます。

https://www.formula1.com/

セクターごとのベストタイムも2チームで分け合っていてマシンの力が拮抗しているのがわかります。

ウィリアムズのマッサが5番手時計を記録しているところを見ると上海はパワーありきなサーキットだと言えますね。

FP3ハイライト動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/4/FP3_action_from_China.html

http://www.fia.com/

中国GP予選Q1

アタックラップに入るハミルトンの前で、グロージャンが最終コーナー立ち上がりで縁石に乗りすぎてスピンなんとか壁に接触せずに復帰。その脇をハミルトンが駆け抜けていきました。フェラーリの2台はソフトでベストタイムを出しています。

フェルタッペンはパワーユニットの調子が悪いようでタイムがでません、ソフトウェアに何か問題がありそうです。くやしいQ1落ち。

アロンソが渾身のアタックで10位でQ1通過しています。肝心の最高速は314km/hとトップ勢から約10km/hも遅いですね。

Q1終了間際に最終コーナーでジョビナッツィがスピン壁にあたり派手にクラッシュしてしまい、最後のアタックに入っていたドライバーはタイム更新できませんでした。グロージャンは完全に邪魔されてQ1落ちとなっています。

ジョビナッツィのクラッシュ動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/4/Qualifying_-_Giovinazzi_crashes_at_end_of_Q1.html

予選Q1結果

No ドライバー チーム タイム ギャップ
1 5  セバスチャン ベッテル Ferrari 1’33.078
2 44  ルイス ハミルトン Mercedes 1’33.333 0.255
3 7  キミ ライコネン Ferrari 1’33.341 0.263
4 77  バルテリ ボッタス Mercedes 1’33.684 0.606
5 18  ランス ストロール Williams 1’33.986 0.908
6 3  ダニエル リカルド Red Bull 1’34.041 0.963
7 19  フェリペ マッサ Williams 1’34.205 1.127
8 26  ダニール クビアト Toro Rosso 1’34.440 1.362
9 27  ニコ ヒュルケンベルグ Renault 1’34.453 1.375
10 14  フェルナンド アロンソ McLaren 1’34.499 1.421
11 55 カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 1’34.567 1.489
12 11  セルジオ ペレス Force India 1’34.657 1.579
13 9  マーカス エリクソン Sauber 1’34.892 1.814
14 20  ケビン マグヌッセン Haas 1’34.942 1.864
15 36  アントニオ ジョビナッツィ Sauber 1’34.963 1.885
16 2  ストフェル バンドーン McLaren 1’35.023 1.945
17 8  ロマン グロージャン Haas 1’35.223 2.145
18 30  ジョリオン パーマー Renault 1’35.279 2.201
19 33  マックス フェルスタッペン Red Bull 1’35.433 2.355
20 31  エステバン オコン Force India 1’35.496 2.418

中国GP予選Q2

ジョビナッツィのクラッシュのコース清掃のため開始が10分遅れました。フェラーリ、メルセデスの4台はスーパーソフトで序盤早々にタイムを出しています。

終了時間間際のアタックではライコネンがトップタイムを更新しました。アロンソはQ1タイムから大きくアップ出来ずQ2敗退となっています。ストロールは嬉しい初Q3進出しています。

予選Q2結果

No ドライバー チーム タイム ギャップ
1 7  キミ ライコネン Ferrari 1’32.181
2 5  セバスチャン ベッテル Ferrari 1’32.391 0.210
3 44  ルイス ハミルトン Mercedes 1’32.406 0.225
4 77  バルテリ ボッタス Mercedes 1’32.552 0.371
5 3  ダニエル リカルド Red Bull 1’33.546 1.365
6 27  ニコ ヒュルケンベルグ Renault 1’33.636 1.455
7 19  フェリペ マッサ Williams 1’33.759 1.578
8 11 セルジオ ペレス Force India 1’33.920 1.739
9 26  ダニール クビアト Toro Rosso 1’34.034 1.853
10 18  ランス ストロール Williams 1’34.090 1.909
11 55  カルロス サインツ Jr. Toro Rosso 1’34.150 1.969
12 20  ケビン マグヌッセン Haas 1’34.164 1.983
13 14  フェルナンド アロンソ McLaren 1’34.372 2.191
14 9  マーカス エリクソン Sauber 1’35.046 2.865
15 36  アントニオ ジョビナッツィ Sauber

中国GP予選Q3

1回目のアタックラップではトップはハミルトンでした途中リアを大きくスライドさせましたが、低速コーナーだった事が幸いしタイムロスはなかったようです。

ハミルトンは最後のアタックでもタイムを更新しました。ボッタスも好タイムでメルセデスの1,2かと思われた矢先、最後の最後でベッテルが2番手に食い込み前4台は開幕戦と同じポジションになっています。

予選Q3結果

No ドライバー チーム タイム ギャップ
1 44  ルイス ハミルトン Mercedes 1’31.678
2 5  セバスチャン ベッテル Ferrari 1’31.864 0.186
3 77  バルテリ ボッタス Mercedes 1’31.865 0.187
4 7  キミ ライコネン Ferrari 1’32.140 0.462
5 3  ダニエル リカルド Red Bull 1’33.033 1.355
6 19  フェリペ マッサ Williams 1’33.507 1.829
7 27  ニコ ヒュルケンベルグ Renault 1’33.580 1.902
8 11  セルジオ ペレス Force India 1’33.706 2.028
9 26  ダニール クビアト Toro Rosso 1’33.719 2.041
10 18  ランス ストロール Williams 1’34.220 2.542


Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

ポールタイムが1分31秒678で、昨年のタイム1分35秒402より3秒724も速くなっています。ストレートが長いのでここまで短縮するとは思っていませんでした。コーナーの速さがほんとに凄いですね。

今回もメルセデス対フェラーリの構図は変わらず、最後のアタック合戦は実に面白かったです。ハミルトンは本当に凄いドライバーだ。ベッテルとの差が拮抗する事を楽しんでいるハミルトンがこれまた良いです。

決勝は雨の予報となっており、雨となればパワー差は関係なくなるのでレッドブルにもチャンスは生まれるかも。

雨のハミルトン対ベッテルも面白そうですし、決勝レースに期待しましょう。

ハミルトンのポールラップ動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2017/4/Onboard_pole_position_lap_-_Lewis_Hamilton__China_2017.html