昨日のFP1,2ではレッドブルのリカルドが先行しています。大幅なアップデートを施しておりリカルドはほとんどスペックBだと発言しています。最近文句ばかり報道されるフェルタッペンもいい感触だと発言していて今回レッドブルには期待していいのかも。

Sponsored link

ハンガリーGPフリー走行③

ドライバーChassisLapsタイムギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari171’17.017
2キミ ライコネンFerrari161’17.4920.475
3バルテリ ボッタスMercedes151’17.9140.897
4マックス フェルスタッペンRed Bull251’18.1941.177
5ルイス ハミルトンMercedes141’18.4341.417
6ストフェル バンドーンMcLaren181’18.6381.621
7ニコ ヒュルケンベルグRenault201’18.6991.682
8ダニエル リカルドRed Bull71’18.7141.697
9フェルナンド アロンソMcLaren141’18.8841.867
10ジョリオン パーマーRenault191’18.9561.939
11カルロス サインツ Jr.Toro Rosso221’19.3002.283
12エステバン オコンForce India221’19.3522.335
13ダニール クビアトToro Rosso231’19.4552.438
14セルジオ ペレスForce India221’19.6092.592
15ロマン グロージャンHaas211’19.6222.605
16ケビン マグヌッセンHaas191’19.8952.878
17フェリペ マッサWilliams121’20.2553.238
18ランス ストロールWilliams241’20.3793.362
19パスカル ウェーレインSauber241’20.4463.429
20マーカス エリクソンSauber191’20.7483.731

フリー走行③レポート

昨日とは違いフェラーリが速く1、2のタイムを記録しています。初日はFP用パワーユニットを使っているはずなのでセッティング面などでパワーダウンバージョンなのでしょうね。

マクラーレンはこのFP3でもTOP10をキープしていて、シャシー面では4強に位置する事を証明出来ています。

メルセデスはタイヤを上手く作動できないようです。ハミルトンはコースアウトが多くボッタスよりも乗れていません。

昨日好調だったリカルドはトラブルで停止してしまいました。

ハンガリーGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari1:17.2441:16.8021:16.276
2キミ ライコネンFerrari1:17.3641:17.2071:16.4440.168
3バルテリ ボッタスMercedes1:18.0581:17.3621:16.5300.254
4ルイス ハミルトンMercedes1:17.4921:16.6931:16.7070.431
5マックス フェルスタッペンRed Bull1:17.2661:17.0281:16.7970.521
6ダニエル リカルドRed Bull1:17.7021:17.6981:16.8180.542
7ニコ ヒュルケンベルグRenault1:18.1371:17.6551:17.4681.192
8フェルナンド アロンソMcLaren1:18.3951:17.9191:17.5491.273
9ストフェル バンドーンMcLaren1:18.4791:18.0001:17.8941.618
10カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:18.9481:18.3111:18.9122.636
11 ジョリオン パーマーRenault1:18.6991:18.4152.139
12エステバン オコンForce India1:18.8431:18.4952.219
13ダニール クビアトToro Rosso1:18.7021:18.5382.262
14セルジオ ペレスForce India1:19.0951:18.6392.363
15ロマン グロージャンHaas1:19.0851:18.7712.495
16ケビン マグヌッセンHaas1:19.0952.819
17ランス ストロールWilliams1:19.1022.826
18パスカル ウェーレインSauber1:19.8393.563
19ポール ディ レスタWilliams1:19.8683.592
20マーカス エリクソンSauber1:19.9723.696

予選レポート

マッサが体調不良のために急遽リザーブのポール・ディ・レスタが予選・決勝を出走する事になりました。

ぶっつけ本番のQ1ではストロールから0.7秒落ちの19位タイム、さすがに経験が豊富なドライバーですねFP3も走っていればもっといいタイムが出せていたでしょう。

メルセデスはQ1から劣勢でフェラーリに先行を許す展開、マクラーレンはルノーと同等なタイム争いをしています。

Q3ではベッテルが1回目のアタックでポールタイムを記録し、メルセデスとレッドブルが追う展開。ハミルトンはQ3でのタイヤをバットセットと発言し4位に沈みました。

マクラーレンは予想されていた通りQ3まで順当に進み8,9位と今年最高の形で予選を終えています。

Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

フェラーリがモナコに次いで予選フロントロー独占です。低速テクニカルコースでは他を寄せ付けない強さを披露しています。メルセデスはハミルトンがまたもタイヤ作動で苦しみボッタスに先行されています。

ホイールベースの違いもかなり関係ありそうなこのハンガロリンクでの両者の差です。

レッドブルは順当に3列目を確保し、なんとその後ろにはルノーそしてマクラーレンとなっています。ヒュルケンベルクはグリッドペナルティなのでスタートでは4列目となるマクラーレン決勝でも2台そろっての入賞を見たいです。

フェラーリには今回死角がないような気がします。メルセデスはレッドブルに食われないように最低限のレースをする必要がありますね。

F1.com動画リンク

FP3⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/FP3_action_from_Hungary.html

ベッテルポールラップ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/Onboard_pole_position_lap_-_Sebastian_Vettel__Hungary_2017.html

予選ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/Qualifying_highlights_-_Hungary_2017.html

急遽出走する事になったディレスタ、その仕事ぶりに賞賛の声が上がっていてF1.comで専用動画がアップされました⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/7/How_Di_Resta_quickly_got_back_up_to_speed.html