F1シートが無く今年からスーパーフォーミュラに参戦している2016年GP2チャンピオンのピエール・ガスリーが第4戦もてぎで初優勝した。

レッドブルジュニアの彼をサポートするために、レッドブルカラーマシンが日本初上陸して話題となっていましたが、ここまで目立った成績はなかっただけに一安心です。

Sponsored link

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ結果

ドライバーチーム / エンジンLapsギャップBestTime
1ピエール・ガスリーTEAM MUGEN Honda HR-417E52
M/S
1:24’26.8171’35.147
2小林 可夢偉KCMG Elyse TOYOTA RI4A52
S/M
18.5831’34.688
3フェリックス・ローゼンクヴィストSUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA RI4A52
M/S
19.5071’35.660
4石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA RI4A52
M/S
20.1951’34.439
5ニック・キャシディFUJI×raffinee KONDO TOYOTA RI4A52
M/S
26.0891’34.871
6山下 健太FUJI×raffinee KONDO TOYOTA RI4A52
S/M
39.3391’35.637
7アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S TOYOTA RI4A52
M/S
40.8981’35.480
8野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40S Honda HR-417E52
S/M
47.1041’35.689
9塚越 広大REAL Honda HR-417E52
S/S/M
49.6901’34.259
10大嶋 和也SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA RI4A52
S/M
57.3421’36.842
11中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S TOYOTA RI4A52
M/S
1’02.4391’36.623
12中嶋 大祐TCS NAKAJIMA RACING Honda HR-417E52
M/S
1’09.5151’35.826
13山本 尚貴TEAM MUGEN Honda HR-417E52
S/M
1’11.3221’36.989
14ヤン・マーデンボローITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA RI4A52
M/S
1’16.8681’35.012
15国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA RI4A52
M/S
1’17.4101’35.705
16関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA RI4A52
M/S
1’18.7641’36.163
17小暮 卓史B-Max Racing team Honda HR-417E52
S/M
1’34.6621’37.045
以上 規定周回数完走
ナレイン・カーティケヤンTCS NAKAJIMA RACING Honda HR-417E42
S/M
10Laps1’36.915
伊沢 拓也DOCOMO DANDELION M41Y Honda HR-417E30
S/M
22Laps1’36.451
http://superformula.net/

序盤はソフトのカムイがトップを独走してやっとSF初優勝かと思われましたが、ピット作業にて痛恨のミスがあり大幅にタイムロス、ガスリーに先行を許す。後半にソフトを選択したガスリーのペースは圧倒的で2位カムイに18秒もの大差をつける優勝となっています。

スーパーフォーミュラポイントランキング

 No ドライバー1 23456 7合計
12石浦 宏明50.5510525.5
236アンドレ・ロッテラー4536220
37フェリックス・ローゼンクヴィスト2.58616.5
415ピエール・ガスリー141015
519関口 雄飛55515
637中嶋 一貴11213
718小林 可夢偉2.52812.5
816山本 尚貴820.510.5
91国本 雄資617
103ニック・キャシディ347
114山下 健太11.546.5
1241伊沢 拓也134
1310塚越 広大33
1420ヤン・マーデンボロー1.512.5
1564中嶋 大祐22
1640野尻 智紀11
8大嶋 和也
65ナレイン・カーティケヤン
50小暮 卓史

 

■選手権ポイントシステム
順 位1位2位3位4位5位6位7位8位9位以下PP
1大会 1レース10865432101
1大会
2レース
第1レース5432.521.510.501
第2レース5432.521.510.501


Sponsored link


まとめ

スーパーフォーミュラではこの第4戦より新たにソフトタイヤを導入して、決勝では必ずピットインしてタイヤを交換(違う種類に)しなければならなくした。

いままではミディアムタイヤのみでのタイヤ交換となっていたため、トラフィックを避けるために序盤ですぐにピットインする作戦が横行していて面白味に欠けたけど、この規定変更で作戦の幅がでて今後も良い展開に期待できそうです。

http://superformula.net/

ガスリーはとりあえず一安心でしょう。昨年は2015年GP2チャンピオンのバンドーンも優勝しています。

SFは日本独特のレースでヨーロッパ主体のドライバーには厳しい部分もありますが、ここで優勝できないようならF1でも活躍は期待できませんからね、ガスリーはとりあえずの合格点を稼いだ事でしょう。

来年はクビアトに代わってトロロッソにガスリーが乗る確率がグッと上がりました。