https://www.formula1.com/

スペインGPは第4戦アゼルバイジャンGPから2週間後に開催されます。2018年にはメルセデスが完璧なレースを披露、優勝したハミルトンはレース中にブレーキバランスやデフセッティングを自ら調整して走り後続を大きく引き離した。

テストに使われるサーキットなので各車データが揃っていて、マシン性能を見極める事ができる重要な一戦となるでしょう。

Sponsored link

スペインGP日程

セッション 開催日 日本時間
P1 5/10(金) 18:00~
P2 5/10(金) 22:00~
P3 5/11(土) 19:00~
予選 5/11(土) 22:00~
決勝 5/12(日) 22:10~

スペインGP放送日程と時間

フジテレビNEXTライブ・プレミアムの放送日程となります。

セッション 放送日 日本時間
P1 5/10(金) 17:50~19:40
P2 5/10(金) 21:50~23:40
P3 5/11(土) 18:50~20:10
予選 5/11(土) 21:50~0:00
決勝 5/12(日) 21:30~1:00

※再放送の日程や時間についてはこちらで確認できます。

バルセロナ・カタロニア・サーキット

https://www.formula1.com/
1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
4.655 66 65 211.7 0.20 C1|C2|C3

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

バルセロナ・カタロニア・サーキットは2018年に再舗装されたが、プレシーズンテスト段階では多少荒れた路面に戻ったようです。

中高速コーナーが多く空力性能が重要なサーキットになります。荒れた路面に合わせてタイヤは昨年より1段階硬い「C1|C2|C3」になります。

とにかく抜けないと言われているサーキットで、前走車にて発生する乱流により近づくのが困難になってしまいます。戦略はとにかく「トラックポジションキープ」となり退屈なレースが展開される事が多いです。

2018年スペインGP結果