ハミルトンが逆転チャンピオンに向けて優勝!ロズベルグは無難に2位確保。

Sponsored link

アメリカGP決勝結果

ドライバーチームタイム差ピット
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:38:12.6182
2N.ロズベルグメルセデスAMG+4.5202
3D.リカルドレッドブル+19.6922
4S.ベッテルフェラーリ+43.1343
5F.アロンソマクラーレン+1:33.9532
6C.サインツトロ・ロッソ+1:36.1242
7F.マッサウィリアムズ+ 1Lap3
8S.ペレスフォース・インディア+ 1Lap2
9J.バトンマクラーレン+ 1Lap2
10R.グロージャンハース+ 1Lap2
11K.マグヌッセンルノー+ 1Lap3
12D.クビアトトロ・ロッソ+ 1Lap1
13J.パーマールノー+ 1Lap2
14M.エリクソンザウバー+ 1Lap1
15F.ナスルザウバー+ 1Lap1
16V.ボッタスウィリアムズ+ 1Lap2
17P.ウェーレインマノー+ 1Lap2
18E.オーコンマノー+ 2Laps3
K.ライコネンフェラーリリタイア3
M.フェルスタッペンレッドブルリタイア2
E.グティエレスハースリタイア2
N.ヒュルケンベルグフォース・インディアリタイア1

1477267800529-1

ハミルトンがポールトゥウィンでポイント差26へ

ハミルトンがポールから好スタートを決め1コーナーを制する。

対してロズベルグはリカルドに抜かれて3位へ後退してしまい優勝のチャンスを1周目で失くしてしまった。

SSタイヤスタートで元気いっぱいのリカルドとSタイヤで走るメルセデス2台は、ほぼ同等の走りでした。

  • ハミルトンはS⇒S⇒M
  • ロズベルグはS⇒M⇒M

ロズベルグはMの2スティント目でリカルドをオーバーカットして2位を取り返しています。

 

最終的なタイム差を見ると4秒差となっており、スタートでのリカルド先行が最後まで響いたロズベルグといった印象です。

ハミルトン視点なら完璧なレース運び。

 

リカルド視点ならあともう少しパワーがあれば・・・。

1477169832405-2

マクラーレンの2台が這い上がってくる面白いレースでもありました。

特にアロンソの終盤のオーバーテイクはさすがの一言に尽きます。

 

ほんとアロンソがいてくれてよかったよねマクラーレンホンダは、バトンだけならまずこういったレース展開はないからね。

 

侍アロンソ、今度はメキシコでぶった切って下さい。

アメリカGPハイライト動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2016/10/Race_highlights_-_United_States_2016.html