F1イタリアGPにて2018年から2020年まで使うF2マシンがお披露目になりました。F1直下のカテゴリーとして生まれ変わるべく新しい車両を投入しドライバーの育成に務めるのが狙い。

車両の製作はイタリアのダラーラが担当しています。スタイリングはほとんどF1で凸ノーズじゃ無い分F1よりカッコよく見えます。

動画でみるとディフューザーが大きくて安定したダウンフォースの発生量が大きそうに思えました。

Sponsored link

F2新車両画像

http://www.fia.com/

F2新車両紹介動画

F2新車両スペック

車体

  • 全長:5224mm(5065mm)
  • 全体の幅:1900 mm(変更なし)
  • 全体の高さ:FOMロールフープカメラを含む1097 mm(1072 mm)
  • ホイールベース:3135 mm(3120 mm)
  • 全体重量:720 kg(ドライバー搭載)

エンジン

  • V6 3.4リットルシングルターボチャージャー型メカクロームエンジン
  • 620 HP @ 8750 rpmに定格
  • 最大トルク600 Nm


Sponsored link


パフォーマンス

  • 加速:0~100 km / h、2.90 sec
  • 加速:0~200 km / h、6.60 sec
  • 最高速度:335 km / h(モンツァエアロ+ DRS)
  • マックス 制動減速度-3.5G
  • マックス 横加速度+/- 3.9G

安全基準

  • フルFIA F1 2017安全基準
  • Halo F1仕様

モノコックとボディワーク

  • サバイバルセル – Dallara製サンドイッチカーボン/アルミニウムハニカム構造
  • フロントウイングとリアウイング – Dallara製カーボン構造
  • 車体 – カーボン – ケブラーハニカム構造ダラーラ製

DRS

  • F1のDRSと同じ機能
  • 油圧作動

ギアボックス

  • 6速縦型Hewlandシーケンシャルギアボックス
  • ステアリングホイールからのパドルシフトによる電気油圧コマンド
  • ZF SACHSカーボンクラッチ
  • オンボードスタータ、アンチストールシステムなし
  • 非油圧式ランプディファレンシャル

燃料・電池

  • FIA規格
  • プレミアFT5 125リットル

電子機能

  • Magneti Marelli SRG 480 ECU / GCU、データロギングシステム
  • Magneti Marelli PDU 12-42電源管理ユニット
  • CANデータ収集前装備
  • ビーコン受信機

サスペンション

  • ダブルスチールウィッシュボーン、プッシュロッド作動、ツインダンパーとトーションバーサスペンション(F)、スプリングサスペンション(R)
  • 調整可能な乗り物の高さ、キャンバーとつま先
  • 2方向(F)/ 4方向(R)調整可能なコニ・ダンパー
  • 調整可能なアンチロールバー(フロント/リア)

ブレーキ

  • 6ピストンモノブロックBremboキャリパー
  • TBC炭素 – 炭素ブレーキディスクおよびパッド

ホイールとタイヤ

  • F1 2016標準ホイール寸法
  • OZレーシング
  • マグネシウムリム
  • 13 “x 12″フロントF1 2016標準ホイール寸法
  • 13 “x 13.7″リアF1 2016標準ホイールの寸法
  • F2特有のPirelliスリック/ウェットタイヤ

ステアリングシステム

  • ノンアシストラックアンドピニオンステアリングシステム
  • ダッシュボード付きXAPステアリング、ギヤチェンジ、クラッチパドル、マーシャリング&VSCディスプレイ

カメラ機器

  • ロールフープ、ノーズコーン、フェイスショットカメラ前装備。