イタリアGP決勝の翌日にロイターがマクラーレンはホンダとの契約終了を目指すとの記事が発信されました。ロイターの原文は以下です。

Sponsored link

F1=マクラーレン、ホンダと別離へ

[モンツァ(イタリア) 4日 ロイター] – 自動車レースF1のマクラーレンは、3日のイタリア・グランプリ(GP)でのグリッド降格ペナルティやパフォーマンスの悪さ、獲得ポイントなどからホンダとの別離を目指しているようだ。

マクラーレンはパワーユニットの交換によりフェルナンド・アロンソが35グリッド、ストフェル・バンドーンが25グリッドの降格ペナルティを受けた。そして、決勝レースではチームが「痛烈に失望している」と述べ、両ドライバーがリタイアした。

週末のレーシングパドックでは、マクラーレンが2週間後のシンガポールGPまでに、レッドブルとトロロッソに供給しているルノーのパワーユニットに変更する決定を下す可能性が高いとの見方が強まった。

これが実現すれば、2012年以来勝利のないマクラーレンは今季に優勝を経験しているエンジンを手に入れることになり、2回の世界チャンピオン経験者であるアロンソをチームに留めることができると見られている。

ロイター/Max Rossi

ロイターの発信は2回目

ロイターがマクラーレンとホンダについて発信するのは6月8日以来2度目ですね。前回はマクラーレンのザク・ブラウンがロイターの独占インタビューを受けるという内容でした。

それについての記事はこちら⇒カナダGP直前マクラーレンとアロンソのホンダに対する発言が強烈!

イタリアGPにてマクラーレンとホンダが協議

イタリアGPにはホンダのモータースポーツ部長の山本さんが現地入りして協議が行われている。

  • そこでの決定を受けてのこのロイターの報道なのか?
  • 誰かがリークしたのか?
  • 記者の先走り報道なのか?

何にしても来年も共に頑張っていこうとしてるなら、こんな報道はされないはずですよね。

それにロイターが決定ではない報道をするとはね、こりゃマクラーレンの多分圧力だわ。

Sponsored link


まとめ

ホンダはマクラーレンへの供給をやめるべきだと思います。残念ですけど。

マクラーレン側がホンダを発言などで擁護する姿勢があればこんな事にはならない。

ホンダが不甲斐ないのも事実だけど、この扱いは不条理すぎる。

2015年のレッドブルとルノーのやり取りの再現かと思われる状態です。

 

とりあえず両者の発表があるのを待つしかないですが、ファンとしては事実を早く知りたいですね。

様子を見てみよう。