11月28日土曜日にフリー走行3回目と予選が行われました。
569

Sponsored link

アブダビGPフリー走行③

順位ドライバーチームタイムラップ
1N.ロズベルグメルセデスAMG1:41.85620
2L.ハミルトンメルセデスAMG1:42.13720
3S.ベッテルフェラーリ1:42.18520
4S.ペレスフォース・インディア1:42.44818
5K.ライコネンフェラーリ1:42.62718
6D.リカルドレッドブル1:42.72615
7N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:42.85918
8F.マッサウィリアムズ1:43.17324
9V.ボッタスウィリアムズ1:43.23919
10C.サインツトロ・ロッソ1:43.42922
11J.バトンマクラーレン1:43.50815
12P.マルドナードロータス1:43.68018
13F.ナスルザウバー1:43.71824
14M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:43.82619
15R.グロージャンロータス1:43.92821
16F.アロンソマクラーレン1:44.01413
17M.エリクソンザウバー1:44.32521
18W.スティーブンスマノー1:47.28316
19R.メルヒマノー1:47.52017
20D.クビアトレッドブル–:–2


アブダビGP予選結果

順位ドライバーチームタイム
1N.ロズベルグメルセデスAMG1:40.237
2L.ハミルトンメルセデスAMG1:40.614
3K.ライコネンフェラーリ1:41.051
4S.ペレスフォース・インディア1:41.184
5D.リカルドレッドブル1:41.444
6V.ボッタスウィリアムズ1:41.656
7N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:41.686
8F.マッサウィリアムズ1:41.759
9D.クビアトレッドブル1:41.933
10C.サインツトロ・ロッソ1:42.708
11M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:42.521
12J.バトンマクラーレン1:42.668
13P.マルドナードロータス1:42.807
14F.ナスルザウバー1:43.614
15R.グロージャンロータス1:42.585
16S.ベッテルフェラーリ1:42.941
17F.アロンソマクラーレン1:43.187
18M.エリクソンザウバー1:43.838
19W.スティーブンスマノー1:46.297
20R.メルヒマノー1:47.434

 

ロズベルグ強すぎる6戦連続ポールポジション

メルセデスのロズベルグが、強いです。あのハミルトンが太刀打ちできないんです。

f1-abu-dhabi-gp-2015-third-place-kimi-raikkonen-ferrari-polesitter-nico-rosberg-mercedes-a

ハミルトンはポールを取れなくなった頃からマシンの仕様が変わり、マシンを完全に自分のコントロール下に置けないと語っています。逆にロズベルグは今マシンをコントロール下に置いている状態でしょう。

 

 

 

 

フェラーリがエンジニアリングミスでベッテルQ1落ち

f1-abu-dhabi-gp-2015-sebastian-vettel-ferrari-with-the-media

Q1の最後のアタックでエンジニアの指示でタイムアタックやめてしまったベッテルは、まさかのQ1落ちでした。

このコースは走れば走るほど路面状態が良くなっていきます。セッション終盤にアタックっしたドライバー達が好タイムを記録してベッテルのタイムを超えていきました。

 

 

 

マクラーレンホンダのアロンソは最後のアタックで何かのパーツを踏んでしまい、不運にもパンクでQ1落ちとなっています。

 

フォースインディアのペレスが本当に速い

f1-abu-dhabi-gp-2015-sergio-perez-sahara-force-india-f1-vjm08ペレスが速い!とにかく速いんです。

彼はこの最終戦前に最後は表彰台で終わりたいと語っておりましたが、まさに有言実行できるかもしれません。

このコースとの相性が抜群にいいペレスは、自信があったんでしょう。

チームメイトよりも0.5秒も速いタイムをだしています。

 

 

フェラーリ、ウィリアムズ、フォースインディアのバトルはかなり期待できそうです。

 

メルセデスの二人は間違いなく二人だけの決戦になるでしょうし、またベッテルの怒涛の追い上げも楽しみなレースになりそうです。