今更ですがF1チームの資金力を再確認しておこうと思います。

なぜかと言うとホンダがマクラーレンと決別してトロロッソと新たに2018年よりパートナーになるからです。改めてトロロッソの資金力を確認したくなりました。

データは「Business Book GP2017」より引用しています。

Sponsored link

F1チーム予算表

2016年 2017年予算内訳
チーム 順位 スポンサー パートナー 分配金 予算合計
メルセデス 1 145.1 274.8 221.9 641.8
レッドブル 2 283.8 31.6 238.0 553.4
フェラーリ 3 278.6 67.1 263.8 609.5
フォースインディア 4 65.3 12.2 109.7 187.1
ウィリアムズ 5 50.4 50.6 143.2 244.2
マクラーレン 6 157.4 280.8 144.5 582.7
トロロッソ 7 72.2 4.3 83.9 160.3
ハース 8 64.5 3.6 83.9 152.0
ルノー 9 69.9 162.9 117.0 349.8
ザウバー 10 30.3 13.9 73.0 117.3

※単位は億円(ユーロ129円で計算しています。)

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)の分配金の詳細はこちらの記事

分配金に関してはAUTOSPORTの記事とかなり隔たりがあります。

スポンサーとパートナー

「Business Book GP2017」では予算がスポンサーとパートナーに分けられていて、パートナーの金額がいまいちわかりにくいんです。無償提供の金額を試算したものなのか?資金として提供しているのか?が不明確です。

ホンダはスポンサー100億ユーロ、パートナー200億ユーロと記載されています。日本円にして387億円もの資金をホンダがマクラーレン提供するとも思えないんですが・・。

メルセデスはスポンサー50億ユーロ、パートナー200億ユーロでルノーはスポンサー20憶ユーロ、パートナー80憶ユーロと記載されています。

レッドブルは200億ユーロのスポンサー金額をレッドブルレーシングに提供していると記載されています。

トロロッソは年間予算160億円

現状ではマクラーレンの予算はトロロッソの3倍以上となっています。仮にホンダと決別するとマクラーレンは予算300億ユーロ(約387億円)も失う事になります。200億円ぐらいの規模になったらマクラーレンは終わるでしょうね。

160億円で運営されているトロロッソは予算では8位のチームです。これであれだけのマシンを生み出せるトロロッソはすごいチームですね。テクニカルディレクターのジェームス・キーが優秀なんだろうけど。

仮にホンダとパートナーシップ契約を結ぶとして、上手くいけばBARの時のようにその内ワークス化出来そうな規模だと思います。

Sponsored link


BusinessBook GPとは

Business Book GPはMarc Limacherという方が作った電子書籍レポートという位置づけのため、すべての情報を鵜呑みにする訳にはいかないですが大きくはずしている訳でもなさそうです。

15$ちょっとで安かったため買って見ましたが、各チームのスポンサー・パートナーの詳細、ドライバーの年棒、各国の開催権料などなど情報満載です。

わからないのがやっぱりパートナー金額なんだけどホンダ200憶ユーロはPUの開発費と無償提供の金額と思いたいんだけど・・まさかねぇ。