2018年ホンダのパートナーなるトロロッソの現状を同じルノーエンジンであるレッドブルと比較してみます。

ホンダと組む2018年の位置がある程度イメージできると思ったのですが、今年は差がありすぎて愕然としました。

とりあえずシンガポールまでの予選タイム差の一覧です。

Sponsored link

予選タイム差一覧

レッドブルトロロッソギャップ
AUS1:23.4851:24.4871.002
CHI1:33.0331:33.7190.686
BRN1:29.5451:30.9231.378
RUS1:34.9051:35.9481.043
ESP1:19.7061:21.3711.665
MON1:12.4961:13.1620.666
CAN1:12.4031:13.6901.287
AZE1:41.8791:43.1861.307
AUT1:04.8961:05.7260.830
GBR1:28.1301:30.3552.225
HUN1:16.7971:18.9122.115
BEL1:43.3801:45.4392.059
ITA1:36.7021:38.2451.543
SGP1:39.8141:42.0562.242

トロロッソの現状

https://www.formula1.com/

レッドブルとはオーストリアあたりまではそれなりの差で収まっていますが、イギリス以降では差が大きく広がっている。

今年のトロロッソのマシンは高速域の安定性の不足(ダウンフォース不足)、ハンガリーやシンガポールで露呈したダウンフォースの最大値の不足が数字に表れています。

見える部分の空力パーツに注目してみても、他チームが2、3枚羽Tウィングなどを投入する中で、1枚羽だったりと必要がない訳ではなさそうですが、投入できずにいます。

序盤戦を見ていても新規定への対応が不十分だと言わざるを得ない状況。またシーズン中の開発に難ありと考えていいでしょうね、予算が低いのでこの辺りは仕方ないかな。

来年はPU無償分の予算が開発に回せるのでそれなりに対応はできそうですが、TOP3の後ろに行くためには全然足りないでしょう。

Sponsored link


2018年トロロッソ・ホンダのライバルは

来年のライバルになりそうなチームが非常に多いです。今期は新しい車体レギュレーションの1年目のため試行錯誤状態のチームが多いですが、来年は今年成功しているマシンを模範したデザインが増加して中団チーム以降は間違いなく混戦模様になると思われます。

第1グループはメルセデス、フェラーリ、レッドブル

第2グループはフォースインディア、ルノー、マクラーレン

第3グループの争いにウィリアムズ、トロロッソ、ハースそして+ザウバー

となると予想しているのですがウィリアムズはもしかしたら第2グループの争いに加わる可能性があります。メルセデスからテクニカルディレクターのパディ・ロウが今年加わっているため来年のマシンには全面的に関わっていますので要注意。

トロロッソはジェームス・キーという素晴らしいテクニカルディレクターがいますので、今季の反省点を踏まえ来季マシンの伸びしろには期待がかかります。

ホンダのパワーはともかく信頼性が向上し走行できればマシン開発は順調に進むはずです。少なからず予算も増強されるので期待はできるかも。

まずはコンストラクターズ7位以上が現実的な目標となるでしょう。

 

P.S.  トロロッソ・ホンダが発表されてから、来年の事を考えたらテンション下がり気味でブログ更新が滞りました。申し訳ありません。