フリー走行3回目の後半に雨がぽつぽつと落ちてきていた。予報でも予選は雨になるという事で各チームはダウンフォース多めのセッティングで走行していました。

しかし、予選の雨は本当に極少々で路面が濡れるまでにはならずドライのまま終了しました。

雨での番狂わせに期待していましたが、おかげでしっかりとしたパワー面でのマシンの実力が浮き彫りになった気がしてます。

Sponsored link

カナダGPフリー走行③

順位 ドライバー チーム タイム ラップ数
1 S.ベッテル フェラーリ 1:13.919 21
2 M.フェルスタッペン レッドブル 1:14.158 19
3 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:14.316 22
4 K.ライコネン フェラーリ 1:14.332 21
5 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:14.334 19
6 D.リカルド レッドブル 1:14.487 22
7 C.サインツ トロ・ロッソ 1:14.655 21
8 F.アロンソ マクラーレン 1:14.801 19
9 S.ペレス フォース・インディア 1:14.886 21
10 F.マッサ ウィリアムズ 1:14.890 18
11 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:14.918 20
12 V.ボッタス ウィリアムズ 1:14.985 20
13 .バトン マクラーレン 1:15.023 17
14 D.クビアト トロ・ロッソ 1:15.199 20
15 E.グティエレス ハース 1:15.444 16
16 .パーマー ルノー 1:15.656 19
17 R.グロージャン ハース 1:15.704 14
18 M.エリクソン ザウバー 1:16.078 24
19 K.マグヌッセン ルノー 1:16.085 17
20 F.ナスル ザウバー 1:16.326 24
21 P.ウェーレイン マノー 1:16.622 18
22 R.ハリアント マノー 1:16.901 15

カナダGP予選結果

Pos Driver Team Q1 Q2 Q3
1 Lewis Hamilton Mercedes 1:14.121 1:13.076 1:12.812
2 Nico Rosberg Mercedes 1:13.714 1:13.094 1:12.874
3 Sebastian Vettel Ferrari 1:13.925 1:13.857 1:12.990
4 Daniel Ricciardo Red Bull Racing 1:14.030 1:13.540 1:13.166
5 Max Verstappen Red Bull Racing 1:14.601 1:13.793 1:13.414
6 Kimi Raikkonen Ferrari 1:14.477 1:13.849 1:13.579
7 Valtteri Bottas Williams 1:14.389 1:13.791 1:13.670
8 Felipe Massa Williams 1:14.815 1:13.864 1:13.769
9 Nico Hulkenberg Force India 1:14.663 1:14.166 1:13.952
10 Fernando Alonso McLaren 1:15.026 1:14.260 1:14.338
11 Sergio Perez Force India 1:14.814 1:14.317
12 Jenson Button McLaren 1:14.755 1:14.437
13 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:14.829 1:14.457
14 Esteban Gutierrez Haas F1 Team 1:15.148 1:14.571
15 Romain Grosjean Haas F1 Team 1:15.444 1:14.803
16 Carlos Sainz Jr. Toro Rosso 1:14.714 1:21.956
17 Jolyon Palmer Renault F1 Team 1:15.459
18 Pascal Wehrlein Manor Racing 1:15.599
19 Marcus Ericsson Sauber 1:15.635
20 Felipe Nasr Sauber 1:16.663
21 Rio Haryanto Manor Racing 1:17.052

ハミルトンがポール僅差でロズベルグ

image37.img.1536.medium (7)

メルセデス2台が順当に予選でフロントローを独占しました。ハミルトンが前回の優勝で不運を吹き飛ばしたようです。

 

ロズベルグも遅いわけではありません、ちょっとミスがあったタイムです。ハミルトンも完全のラップじゃなかったと言っていますので決勝で決着つけてもらいましょう。

f1-canadian-gp-2016-sebastian-vettel-ferrari-sf16-h

フェラーリのベッテルが久々に予選3位獲得してます。今回持ち込んだアップデートがいい方向に行ったみたいです。2トークン使用した改良ターボはかなりよさそうですね。

最高速でもメルセデス勢とほぼ同等です。

 

image16.img.1536.medium (7)

そしてレッドブルもルノーのアップデート効果で、ストレートスピードはかなりのものフェルタッペンは332km/hを記録していてフェラーリに割って入るタイムを記録しています。

 

彼らの強さは、タイヤマネージメントが優れている事が最大の武器になりそうです、決勝でどれほどのパワーを使えるのか?それによるペースはどうなのか?が焦点ですね。

 

打倒メルセデスにおいてはフェラーリよりレッドブルの方に期待しています。

Sponsored link

マクラーレンのアロンソが3戦連続Q3へ

image81.img.1536.medium (4)

アロンソはQ2のタイムアップぎりぎりでアタックラップに成功して見事Q3進出を決めました。路面が改善されていく中でタイミングが最高だったアロンソのアタックはハラハラしました。お見事!!

 

最高速では2台とも325km/hぐらいで最下位なんですが、今回ホンダが持ち込んだ新しいターボはMGU-Hの回生エネルギーを大幅に引き上げてるようです。

 

長谷川さんによれば、今回のアップデートで他のチームと回生量はほぼ同等になるようです。

予選はともかく決勝でのペースアップにかなり期待がもてますね。

 

このようなエンジンパワーサーキットでも11位ぐらいにとどまっているマクラーレンなんですが、シャシーの出来が悪いのか?ほんとはいいのか?よくわからくなくなってきました。

 

ともかくホンダの活躍に期待が持てるようになってきたのは嬉しいです。

ハミルトンポールラップ動画です⇩

https://www.formula1.com/en/video/2016/6/Onboard_pole_position_lap__Lewis_Hamilton__Canada_2016.html