はじまりました2016年のF1開幕戦オーストラリアGP!!

このコースはほぼストリートコースで、なかなかの高速サーキットになっています。エンジンパワーが重要なところと言えるでしょう。

ESPNF1

順当にいけばメルセデスエンジン勢が優勢となりますが、路面ミューが低いのでシャシーの性能も非常に重要なポイントです。

 

レッドブルなど、ずば抜けてシャシー性能が高いとラップタイムも安定しています。

開幕戦オーストラリアは最悪の雨交じりスタートとなってしまいました。

 

Sponsored link

オーストラリアGPフリー走行①

順位ドライバーチームタイムラップ
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:29.72514
2D.クビアトレッドブル1:30.14614
3D.リカルドレッドブル1:30.87513
4N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:31.3258
5M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:31.72014
6N.ロズベルグメルセデスAMG1:31.81411
7F.アロンソマクラーレン1:33.06011
8J.バトンマクラーレン1:33.12916
9S.ペレスフォース・インディア1:33.3706
10K.マグヌッセンルノー1:34.06013
11V.ボッタスウィリアムズ1:34.5506
12F.マッサウィリアムズ1:34.6796
13F.ナスルザウバー1:34.7967
14J.パーマールノー1:35.47712
15M.エリクソンザウバー1:37.9566
16P.ウェーレインマノー1:40.4016
17K.ライコネンフェラーリ1:40.75410
18E.グティエレスハース1:41.7808
19R.ハリアントマノー1:43.3727
20R.グロージャンハース1:43.4436
21S.ベッテルフェラーリ–:–8
22C.サインツトロ・ロッソ–:–3

オーストラリアGPフリー走行②

順位ドライバーチームタイムラップ
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:38.8417
2N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:39.3088
3K.ライコネンフェラーリ1:39.4867
4D.リカルドレッドブル1:39.5359
5C.サインツトロ・ロッソ1:39.69416
6F.アロンソマクラーレン1:39.89516
7J.バトンマクラーレン1:40.00813
8S.ベッテルフェラーリ1:40.7617
9S.ペレスフォース・インディア1:41.2568
10D.クビアトレッドブル1:42.41110
11E.グティエレスハース1:42.89110
12P.ウェーレインマノー1:43.40125
13R.グロージャンハース1:43.7318
14R.ハリアントマノー1:44.30422
15N.ロズベルグメルセデスAMG1:47.3564
16K.マグヌッセンルノー–:–2
17J.パーマールノー–:–5
18F.マッサウィリアムズ–:–2
19V.ボッタスウィリアムズ–:–2
20M.エリクソンザウバー–:–
21F.ナスルザウバー–:–
22M.フェルスタッペントロ・ロッソ–:–

 

雨ということでほとんどのドライバーは走行を制限しています。

 

そんな中でも2年連続チャンピオンのハミルトンが路面状態のいい時を狙ってしっかりタイムを出しています。

f1-australian-gp-2016-lewis-hamilton-mercedes-amg-f1-team-w07

そしてハミルトンが調子いい中、ロズベルグが今シーズン第一号クラッシュをしてしまいました。

20160318クラッシュ

またまたロズベルグは、焦ったしまたんでしょうかね?精神的に落ち着きを取り戻せばものすごく速いドライバーなんですが、なんせ駆け引きがへたくそなんで・・。

 

レッドブルはこういうトリッキーな路面ではやはり強い!地元のリカルドもいいタイムだしていますね。

f1-australian-gp-2016-daniel-ricciardo-red-bull-racing-rb12

 

レッドブルのジュニアチームであるトロロッソが安定していていいですね。マシンは昨年からいいのはわかっていましたが、フェラーリの2015バージョン最終型エンジンもいいです。

image64.img.1536.medium (1)

 

予選の天気は気になりますが、今シーズン初予選、初タイヤ規定、初予選システムとお初な事が目白押しなんで大注目です。