金曜日は雨で各マシン走行を制限していて全く持って戦力状況の予想がつけれませんでした。

フリー走行3回目でやっとドライタイヤで走行できるようになり各チームの状況が浮き彫りなってきました。

Sponsored link

オーストラリアGPフリー走行③

順位ドライバーチームタイムラップ
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:25.62424
2N.ロズベルグメルセデスAMG1:25.80025
3S.ベッテルフェラーリ1:25.85225
4C.サインツトロ・ロッソ1:26.25728
5K.ライコネンフェラーリ1:26.43523
6M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:26.70126
7V.ボッタスウィリアムズ1:26.73028
8D.リカルドレッドブル1:26.76822
9F.マッサウィリアムズ1:27.15128
10S.ペレスフォース・インディア1:27.24222
11F.アロンソマクラーレン1:27.26320
12J.バトンマクラーレン1:27.34120
13D.クビアトレッドブル1:27.43022
14M.エリクソンザウバー1:27.65926
15K.マグヌッセンルノー1:27.87124
16N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:27.98822
17J.パーマールノー1:28.11724
18E.グティエレスハース1:28.28421
19R.グロージャンハース1:28.29211
20F.ナスルザウバー1:28.29326
21P.ウェーレインマノー1:29.04618
22R.ハリアントマノー1:29.27223
http://www.fia.com/

オーストラリアGP予選結果

順位ドライバーチームタイム
1L.ハミルトンメルセデスAMG1:23.837
2N.ロズベルグメルセデスAMG1:24.197
3S.ベッテルフェラーリ1:24.675
4K.ライコネンフェラーリ1:25.033
5M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:25.434
6F.マッサウィリアムズ1:25.458
7C.サインツトロ・ロッソ1:25.582
8D.リカルドレッドブル1:25.589
9S.ペレスフォース・インディア1:25.753
10N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:25.865
11V.ボッタスウィリアムズ1:25.961
12F.アロンソマクラーレン1:26.125
13J.バトンマクラーレン1:26.304
14J.パーマールノー1:27.601
15K.マグヌッセンルノー1:27.742
16M.エリクソンザウバー1:27.435
17F.ナスルザウバー1:27.958
18D.クビアトレッドブル1:28.006
19R.グロージャンハース1:28.322
20E.グティエレスハース1:29.606
21R.ハリアントマノー1:29.627
22P.ウェーレインマノー1:29.642

Sponsored link

ハミルトンが貫録のポール

f1-australian-gp-2016-polesitter-lewis-hamilton-mercedes-amg-f1-team

ハミルトンが圧倒的なタイムでポールポジションを獲得しました。これまでの全セッショントップタイムを記録して、いまのところ完全無欠です。

同じメルセデスのロズベルグは昨日のクラッシュからリズムをくずしているのか、予選でも肝心なところでコースアウトしています。

image52.img.1536.medium (1)

ライバルになるであろうフェラーリは約0.8秒遅れで、今シーズンもメルセデス独走状態が続きそうなそんなタイム差です。

image54.img.1536.medium (1)

新予選方式の問題点

今シーズンから始まったノックアウト方式予選ですが、Q1・Q2はほぼ昨年通り進行していきました。ノックアウト時間までにアタックラップに入らなくてはいけないので、たしかに面白味は増したかもしれません。

 

しかし最後のQ3ではQ3用のタイヤ1セットでは、1回のアタックしかできないため、Q1、Q2でタイヤを温存できたメルセデスのみ2回目のアタックをしている状況で最後は時間が余ってしまいました。

 

盛り上がるはずの最後のQ3アタックが誰もしないので、ただただ時間が過ぎるのを待つのみといった状況を生みだしています。

 

ここは改善してもらいたいね。ぼーっと時間経過を眺めるのみです。

マクラーレンホンダの戦力順位

image22.img.1536.medium (5)

Q1は余裕の突破でしたが、Q2敗退です。ホンダはQ3に進むことを目標にしていましたが、トップ4チームに入るにはまだまだ苦難の道のりがありそうです。

予選タイム差も2秒以上となっていて昨年と変わりないです( ノД`)

 

現状では上から7番目のチームということになりそうですね。

ライバルらしいライバルもいないですね。ルノーよりは早いけどフォースインディアに追いつく材料も無いと言った感じです。

 

予選はあくまで予選ですので、決勝でどれだけのラップタイムを安定して出せるのかでパワーユニットのデブロイメントの改善度合いが明確になるでしょう。

それにしてもメルセデスがまだまだ速くなりそうなのが怖いです。