5月28日に決勝が行われるインディ500の予選では、スポット参戦するアロンソがF1で言うところのQ3である予選最終セッションの「ファスト9」に進出し関係者やファンを大いに沸かせると。

ファスト9でも好タイムをマークし5番手のポジションを獲得した。日本期待の佐藤琢磨はそれを上回る4番手タイムを記録している。

Sponsored link

インディ500予選結果一覧

QPNoDriverTotal TimeSpeed
19Scott Dixon02:35.0630232.164
220Ed Carpenter02:35.3976231.664
398Alexander Rossi02:35.5163231.487
426Takuma Sato02:35.5981231.365
529Fernando Alonso (R)02:35.6423231.300
621JR Hildebrand02:35.9191230.889
710Tony Kanaan02:35.9601230.828
827Marco Andretti02:36.1998230.474
912Will Power02:36.3859230.200
1028Ryan Hunter-Reay02:35.5463231.442
1119Ed Jones (R)02:36.1293230.578
1216Oriol Serva02:36.3118230.309
137Mikhail Aleshin02:36.3377230.271
1415Graham Rahal02:36.3499230.253
158Max Chilton02:36.4758230.068
1683Charlie Kimball02:36.5514229.956
175James Hinchcliffe02:36.6169229.860
1822Juan Pablo Montoya02:36.8180229.565
193Helio Castroneves02:36.8528229.515
2077Jay Howard02:36.9213229.414
2124Sage Karam02:36.9447229.380
222Josef Newgarden02:37.5488228.501
231Simon Pagenaud02:37.8303228.093
2414Carlos Munoz02:37.9497227.921
2588Gabby Chaves02:38.6458226.921
264Conor Daly02:38.9831226.439
2750Jack Harvey (R)02:39.4741225.742
2863Pippa Mann02:39.9944225.008
2911Spencer Pigot (R)02:40.6768224.052
3044Buddy Lazier02:41.1340223.417
3117Sebastian Saavedra02:42.7911221.142
3240Zach Veach (R)02:42.8360221.081
3318James DavisonNo timeNo speed
http://www.indycar.com/

予選でパワーダウンしたアロンソ

インディ500の予選ではターボのブースと圧が1.4barと決められていて、アロンソのエンジンは予選中にブースト圧が規定をこえてしまうトラブルに見舞われパワーダウンしていた。

インディカーはセンサーがブースト圧が1.4bar越えを検出するとCPUが自動でパワーカットする仕組みになっている。

アロンソのエンジンは予選前にトラブルが発覚して載せ替えしている。これが原因で予選中のパワーカットトラブルに見舞われたらしい。

エンジン載せ替えの際、アンドレッティチームのメカニック全員で作業して予選に間に合わせたという事だから、アロンソに対する期待とサポート体制は素晴らしいの一言に尽きますね。

予選でクラッシュしたセバスチャン・ボーデ(ブルデー)の無事に一安心

セバスチャン・ボーデのクラッシュですけど、当たる角度がタンブレロに突っ込んだセナと同じような角度でドキッとしました。

ダラーラの頑丈なマシンのおかげて命に別状は無く、骨盤の骨折など復帰にはかなり時間がかかりそうです。

予選1日目ハイライト⇒http://www.indycar.com/Videos/2017/05/05-20-Indy-qual-day-1-highlights

予選2日目ハイライト⇒http://www.indycar.com/Videos/2017/05/05-21-Indy-qual-day-2-highlights

Sponsored link


以下のコメントはホンダ公式サイトhttp://www.honda.co.jp/INDY/race2017/rd06/poleday.htmlより引用しております。

佐藤琢磨(4番手)コメント

「今日の予選は攻めた走りをしました。3周目と4周目は本当に限界の走りとなっていて、壁にホイールを接触させたほどでした。しかし、そのまま走り続けることができました。私としては、グリッド2列目に着くことができて本当にうれしいです。もちろんフロントローの方がよかったですけど。今日の予選で私たちはすばらしいチームワークを発揮しました。そのおかげで手にできたスターティンググリッドにとても満足しています。決勝は予選とは違ったシナリオとなるでしょうが、私たちのマシンは高い戦闘力を備えています。レースでそれを証明できることを楽しみにしています」

フェルナンド・アロンソ(5番手)コメント

「今日の予選でのマシンは限界ギリギリの状態にありました。ポールポジションが獲得できるマシンになっていたのか、私には分かりませんが、かなりそれに近いものに仕上がっていたのは間違いないでしょう。2ラップ目の最終コーナーの立ち上がりでブースト圧が上がり過ぎる症状が出ましたが、そのときにはブレーキを踏んでしまったかのようでした。そこでギアを1つシフトダウンし、スピードを再び上げるよう努めました。コントロールラインを横切ったときのスピードは225mphあたりで、もう予選アタックは失敗だとピットレーンに戻ろうとしたほどでした。しかし、私は走り続け、次のラップを速く走ることができました。この結果には、うれしい驚きと達成感、そして喜びを感じました。インディ500は世界最大のレースです。それをここへ来た最初のときから感じています。週末になってスピードを上げることができ、マシンをさらに感じ取れるようになりました。予選を見るためにとても多くのファンが集まっています。インディ500は特別なイベントです」

アロンソと琢磨に期待

今年のインディホンダは何かといい材料がそろっているようで、エンジン面とエアロパーツ面にて優位な状況にある。アンドレッティもその優位性とチーム面でのサポート体制がアロンソを助けると言っていてチャンスの年との事。

アロンソは決勝でも大活躍しそうですね、そして今年でもう40才となる琢磨にも期待です。

決勝で多重クラッシュなどが起きないよう祈ると共に、レースでは全ドライバー無事に走り切ってもらいたいと思っています。

リアルタイムで見るつもりはなかったけど、段々と見たくなってきました。

でも月曜日仕事なんだよなぁ・・・。