F1第2戦バーレーンGPは、アロンソの出場停止というニュースと、代役のバンドーンのデビューというニュースでスタートしました。

image22.img.1536.medium (6)

オーストラリアでいい結果がだせなかったマクラーレンホンダは、どんな戦いを見せてくれるのか?

サヒール

Sponsored link

バーレーンGPフリー走行①

順位ドライバーチームタイムラップ数
1N.ロズベルグメルセデスAMG1:32.29424
2L.ハミルトンメルセデスAMG1:32.79924
3K.ライコネンフェラーリ1:34.12816
4D.リカルドレッドブル1:34.46127
5D.クビアトレッドブル1:34.54130
6N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:34.60128
7C.サインツトロ・ロッソ1:34.79321
8M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:34.86019
9.グロージャンハース1:35.00018
10F.マッサウィリアムズ1:35.00619
11S.ベッテルフェラーリ1:35.07314
12V.ボッタスウィリアムズ1:35.17421
13E.グティエレスハース1:35.30919
14J.バトンマクラーレン1:35.44028
15.マグヌッセンルノー1:35.49027
16M.エリクソンザウバー1:35.72830
17P.ウェーレインマノー1:36.37126
18S.バンドーンマクラーレン1:36.39225
19F.ナスルザウバー1:36.71924
20J.パーマールノー1:36.93928
22R.ハリアントマノー1:37.71427

バーレーンGPフリー走行②

順位ドライバーチームタイムラップ数
1N.ロズベルグメルセデスAMG1:31.00138
2L.ハミルトンメルセデスAMG1:31.24232
3J.バトンマクラーレン1:32.28132
4M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:32.40631
5K.ライコネンフェラーリ1:32.45238
6S.ベッテルフェラーリ1:32.65026
7D.クビアトレッドブル1:32.70334
8V.ボッタスウィリアムズ1:32.79239
9D.リカルドレッドブル1:32.87023
10F.マッサウィリアムズ1:32.87336
11S.バンドーンマクラーレン1:32.99930
12E.グティエレスハース1:33.12931
13C.サインツトロ・ロッソ1:33.17736
14R.グロージャンハース1:33.38423
15S.ペレスフォース・インディア1:33.40635
16K.マグヌッセンルノー1:33.44734
17N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:33.57037
18J.パーマールノー1:33.64035
19P.ウェーレインマノー1:33.95321
20M.エリクソンザウバー1:34.22431
21F.ナスルザウバー1:34.47734
22R.ハリアントマノー1:34.56233

 

メルセデスのロズベルグは、初戦での優勝を気に好調を維持しています。

image52.img.1536.medium (2)

昨年ここで強かったフェラーリが、いまいちパッとしないのは三味線だろうと思いますが・・・。

 

ベッテルはフリー走行2回目終盤でストップしてしまっています。タイヤがグラつくとの理由で停止しましたが、開幕戦からのターボ関連の問題がまだ解決していないのかもしれません。

 

ハミルトンはなんだがスランプ気味です。しかし彼のすごいところは予選の一発タイムが非常に速いことですので一気にロズベルグを出し抜く可能性は十分ありますね。

image54.img.1536.medium (2)

 

F1デビュー戦となった、バンドーンはまだまだマシンを手の内に置けない様子ですね。

image34.img.1536.medium (2)

 

バトンが好調です。アタックラップの差が約1.3秒となっております。

f1-bahrain-gp-2016-jenson-button-mclaren-mp4-31

昨年ここではまともに走れていなかったので比較も何もないですが、弱点である回生エネルギー差があまり無いサーキットなんでしょうね。

 

空力関連の開発の方は順調に進んでいるようです。

image91.img.1536.medium (7)

とにかくバトンはバンドーンに負けるわけにはいかない。そんな思いで気合いが入っているのは間違いないです。

 

 

開幕戦のアロンソのクラッシュと作戦の失敗など、マクレーレンホンダにとってはこのバーレーンは今シーズンを占う上での重要な一戦になるでしょう。