FOMとFIAの強行採決による2019年度の空力規則変更ですが、4月30日に発行された全9ページにも及ぶレギュレーションの詳細な数値や解釈が徐々に明らかになっています。

F1公式からは未だに発表はないですが、入手できる海外ジャーナリストは存在する。

参考元:NEUE AERODYNAMIK-REGELN FÜR 2019 IM DETAIL

参考元:Règlement 2019 : la réforme que la Formule 1 n’attendait pas

Sponsored link

フロントウィング詳細

フロントウィングの変更と聞いて幅の減少か?と先走った私ですが違う事が明らかになった。ウィング領域が逆に拡大するみたいです。なんと幅は+100mmとの情報も入ってきた。

主な変更点(mm) 2018 2019
フロントウィング幅 1,800 1,900
フロントアクスル中心線からの始点 1,200 1,225
基準面からの高さ 75~275 75~300
エンドプレート(翼端板)の幅 50 40

立体画像での寸法イメージ

 

その他の寸法やルールは以下

  • ウィングエレメント数は5つ
  • エレメントのスパンは100mm以上
  • エレメントの積み重ねは禁止
  • エンドプレートは中心線を基準として角度15°以内
  • エンドプレートのスロットやウイングレットは禁止

簡単に言えば、ウィングは5枚で構成され、横幅全体は100mm拡大、上下前後幅は共に25mm拡大する。

リアウィング詳細

リアウィングは幅を広くするスペースは無いだろうっと思っていたら100mmも拡大する。

主な変更点(mm) 2018 2019
リアウィング幅 950 1,050
基準面からの高さ 800 820
メインと上部エレメントの隙間 10~15 10~15
↑DRS時 65 85

幅と高さの拡大がメインだけど、このDRS時の各エレメント同士の隙間距離規則が肝ですね。上部エレメント支点位置を20mm上方へ移動させる、よって高さ基準を20mm上げたと解釈できます。

この規則により、リアウィング上部エレメントの最小サイズは大きくなる。

新マシンイメージCG画像

2018年と2019年の比較です。

https://www.f1technical.net/
https://www.f1technical.net/

フロントウィングの幅は変わらないけど、エレメント数を減らしカスケードを無くしたシンプルなイメージ。

Sponsored link


FOMが突き止めた後方乱流の正体

ロス・ブラウン率いるFOMの空力解析チームは、膨大な量のCFD実験によって「Y250 vortex」が主な原因だと突き止めたようです。

Y250 vortex(ボルテックス)

フロントウィングの上部エレメントが無い部分(500mm)車両中心線から左右250mmの幅から、発生させる過流の事で、フロントタイヤ後ろとバージボードの間を通り、リアタイヤ横を通過します。

https://tianyizf1.wordpress.com/

上の映像は湿度が高い時に見えた過流の動きです。

フロントウィングで作り出す過流

フロントウィングで作り出す過流はカスケード部分での発生も大きい。motorsport.tvでは二つの過流でフロントタイヤで発生する乱流を引き込み導いていると説明。

クリックでYouTube動画へリンクします。

この2つの過流は車体後方で合流して巨大な乱流となっているようで、このせいで後方のマシンは大きくダウンフォースを失い近づく事が出来ないとの実験結果のようです。

まとめ

今回の規則でFOMがやりたい事は明確で、フロントウィングで過流を発生させる空力パーツを排除する事にある。

エレメント数を制限する事で実現して、マシン後方に発生する乱流を極力減らす事、加えてリアウィングの拡大でリアのトラクションを確保しつつ、DRS時のドラッグを大幅に削減する事で車速差を生み出しオーバーテイクを活性化。

 

今思い当たる弊害としては、フロントのダウンフォースはウィング面で獲得する事によりドラッグが大幅に増加する事になる。

レーキ角によるフロントウィングと路面で発生するグランドエフェクト効果は更に重要となるだろう。