ウィリアムズはやはり昨年同様トップ発表の2月15日だと思っていたら、ハースが2月14日にSNSで動画公開しています。

メルセデスから移籍したパディ・ロウが全面的に関わったウィリアムズ、アルファロメオがタイトルスポンサーになりフェラーリの技術供与が多くなるであろうザウバー、この2チームは今年飛躍が期待される体制なだけに、新マシンには要注目ですね。

 

※トロロッソはテスト初日の朝に、新車の発表をする事になりました。

Sponsored link

2018年F1新マシン発表スケジュール

https://www.mercedesamgf1.com/
チーム マシン 日付 場所など
ハース VF-18 2月14日 オンライン
ウィリアムズ FW41 2月15日 オンライン
レッドブル RB14 2月19日 オンライン
ルノー R.S.18 2月20日 オンライン
ザウバー C37 2月20日 オンライン
メルセデス W09 2月22日 シルバーストン
フェラーリ SF71H 2月22日 オンライン
マクラーレン MCL33 2月23日 オンライン
フォースインディア VJM11 2月25日 バロセロナ
トロロッソ STR13 2月26日 バロセロナ

新マシン発表状況

ハースはトップでCG動画公開に踏み切りました。実車はテスト日の前日あたりにピットレーンで公開でしょう。

レッドブルはお金がある割にショー的なマシン発表をしないチームです。ハースもそのあたりは今は興味がないようですし、テスト初日でじっくり見てくれって事なんでしょう。

テスト前日の2月25日は、チームはマシンを組み立てなければいけないので、そのタイミングにて発表が一番お金をかけずに済む方法ですね。


Sponsored link


オンラインライブストリーミング

メルセデスは今年も、360°カメラを使ったライブストリーミング発表を、フィルミングデー(走行距離100km制限)を使った、シルバーストンでのテスト走行の昼休みに行なうようです。

ルノーは毎年の様に大体的に発表をする企業なので、今年もあると思います。

マクラーレンもあるでしょうね、メディア関連に力を入れてるザク氏ですので、株主や投資家へアピールする絶好のチャンスですから。

 

発表日2,3日前に、各チームのホームページやSNSに気にかけておけば正式発表があるし、各ニュースサイトが記事にするので見逃す事はないと思います。

いい時代になったなぁ・・。