今年の注目ポイントであるルノーエンジン搭載3チーム、レッドブル、マクラーレン、ルノーの対決が早くも実現したオーストラリアGPは見どころ満載でした。

特にVSCを利用して5位に上がったアロンソはSC明けの32周目から58周目まで、後続フェルスタッペン、ヒュルケンベルグを延々抑えきる事に成功し5位フィニッシュしている。

抜きにくいコースの特性もあった事は事実だけど、マクラーレンはとりあえず中団グループで戦えるマシンをこの開幕戦に用意できている。

アロンソはゴール後無線で

「みんな、よくやった。誇りだよ。長い冬だったね。これまで長いシーズンだった。でもようやく戦える。僕らは戦えるんだよ」

とチームクルーにメッセージを送った。

Sponsored link

予選における3チームのタイムと各速度

Q1 ドライバー SPD T S1 S2 S3 タイム ギャップ T
1-1 M.フェルスタッペン 306 27.823 22.702 32.958 1:23.483 US
278 288 295
1-2 C.サインツ 305 27.587 22.782 33.159 1:23.529 0.046 US
277 291 296
1-2 F.アロンソ 308 27.581 22.700 33.316 1:23.597 0.114 US
277 291 294
Q2 ドライバー SPD T S1 S2 S3 タイム ギャップ T
2-1 M.フェルスタッペン 312 27.375 22.351 32.690 1:22.416 SS
281 290 298
2-2 C.サインツ 310 27.395 22.694 32.972 1:23.061 0.645 US
280 290 297
2-2 F.アロンソ 309 28.021 22.749 33.206 1:23.692 1.276 US
277 286 298

レッドブルはQ1,2共に1アタックで終わらせている。Q2ではSSでこのタイムだから、比較するまでもなく速い。

ルノーはサインツがQ2でしっかりタイムアップ出来ているのに対し、アロンソはQ2のラストアタックのセクター1で何らかのミスをしているのか、Q1タイムを更新できずにいる。

SSとUSでのタイム差はバルセロナ基準で約0.6秒あるので、少なくともレッドブルはルノーに1秒、マクラーレンには1.5秒の差をつけている。

レースでの状況

レッドブルは2台とも、実力以下のマシンに抑えられタイムが参考にならない。VSC後もアロンソに抑えられたフェルスタッペン、ヒュルケンベルグも本来のスピードではなかった。

スタートからピットストップまで

フェルスタッペンはスタートでマグヌッセンに抜かれて5位、ペースの遅いハースに苛立ったのかlap10のターン2でスピン、ヒュルケンベルグの後ろ8位まで下がっている。

リカルドはグロージャンを抜けずに6位、レッドブルは共にハースに頭を抑えられる前半戦だった。

この時ルノー勢がずらりと並んでいたのですがLap20終了時点でのタイム差は以下です。

リカルドに離されているヒュルケンベルグ、スピンしたフェルスタッペンはタイヤへのダメージなのかヒュルケンベルグに迫れない。

フェルスタッペンに離されているサインツ、サインツに肉薄するアロンソ。サインツはこの時すでにドリンクポンプが故障してお腹タプタプ状態だったのかな?

この時点のベストラップはアロンソです。

SC明けからレース終了まで

32周目から再開されたレースでは、リカルドに離され続けるアロンソ、アロンソに抑えられるフェルタッペン以下で順位の変動はなかった。

しかしアロンソとフェルスタッペンのバトルは終始見ごたえあるものだった。恐いもの知らずのフェルスタッペンだけどアロンソの巧みなドライビングの前では成すすべ無し。

TOP10に6台入ったルノー勢

リカルドはライコネンに終始抑えられているが、一旦離れてクリーンエアで最速ラップを叩き出している。

アロンソは結局リカルドに26周で20秒差つけられている。

Sponsored link


まとめ

このアロンソの結果はハースが2台とも不運なリタイアでいなくなってしまい得られたもの。

もし2台ともに生き残っていたなら、ヒュルケンベルグの後ろで9位ぐらいだったのだろう。

ただマクラーレンはルノーエンジンになった事と攻めたマシン開発により、お世辞にも速いとは言えないけれど中団チームで戦えるマシンになった事は確かです。

でも今後もレッドブルには追いつく事は不可能だと思う。

 

現状予測では予選結果などからも、[レッドブル]-1秒-[ルノー]-0.5秒-[マクラーレン]ぐらいの差はある。

あと20戦の中でルノー対マクラーレンがどのように変化していくか注目していこうと思う。

 

できればトロロッソホンダもここに加わってほしいけど、まだまだ先だなぁ・・。