https://www.formula1.com/

2018年第7戦カナダGPは第6戦モナコGPから2週間後に開催されます。カナダは1967年から開催されている歴史あるグランプリの一つです。

2007年ハミルトンが初優勝したグランプリで、現在3連覇中となっています。ハミルトンにとっては6勝している相性のいいサーキットになります。

日本との時差13時間のため、ライブ視聴が厳しいですね。

Sponsored link

カナダGP日程

セッション 開催日 日本時間
フリー1 6/8(金) 23:00~
フリー2 6/9(土) 3:00~
フリー3 6/10(日) 0:00~
予選 6/10(日) 3:00~
決勝 6/11(月) 3:10~

カナダGP放送日程と時間

フジテレビNEXTライブ・プレミアムの放送日程となります。

セッション 放送日 日本時間
フリー1 6/8(金) 22:50~0:40
フリー2 6/9(土) 2:50~4:40
フリー3 6/9(土) 23:50~1:10
予選 6/10(日) 2:50~5:00
決勝 6/11(月) 2:40~6:00

※再放送の日程や時間についてはこちらで確認できます。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット

https://www.formula1.com/
1周(km) Laps 全開率(%) 平均速度 PE(10kw) タイヤ
4.361 70 67 219.7 0.20 SS|US|HS

※PE(10kw)=パワーエフェクトによるタイムへの影響度(予想値)

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、カナダ出身で事故死したドライバーの名前が付けられたサーキットです。その息子ジャック・ヴィルヌーヴはアメリカのインディチャンピオンになりF1チャンピオンにもなっています。

普段は公園用周回道路として利用されているため、路面μが低く滑りやすいのが特徴でストレートが多くパワーサーキットでありながら高度なグリップレベルが要求されます。

また、ランオフエリアも少なくコースアウトするとすぐにガードレールが出現しますので、クラッシュも多く発生してセーフティーカーの導入も比較的に多くなります。

典型的なストップ&ゴーサーキットで、狭いコースを走るためF1マシンの加速感を十二分に味わえるグランプリと言えるでしょう。私的には大好きなオールドコースの一つです。

2017年カナダGP結果

2017年カナダGP予選ハイライト

2017年カナダGP決勝ハイライト