2014年F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは今年で契約の3年目で終了年となる。はっきりいって今年のチャンピオンに一番近い男だ、まだシーズンも始まっていないのにもうすでに来年以降の話が出るところに、ドライバーとしてのポテンシャルの高さがでている。

 

Sponsored link

ハミルトンは現役最高のドライバーであることは間違いない!

出典:motorsports.com
出典:motorsports.com

私は現役F1ドライバーの中でもっともスピードのあるドライバーはL・ハミルトン、F・アロンソ、S・ベッテルの3人だと思っている。決勝レースの安定性などは度外視にして一発のタイムを出せるドライバーとしてベスト3に入ると思うのです。

メルセデスにしてみれば絶対に手放したくないドライバーの一人だろう、2016年以後も3年契約をオファーしているらしい。

 

ハミルトンは現在マネージャーを雇っておらず本人自ら交渉の席につくというから驚きだ。これだけの著名人でマネージャーがいない状態は極めて珍しい。長年付き合ってきたニコール・シャーシンガーとも破局してしまったらしいしプライベートでなにかしらトラブルでもあったのかと心配してしまう。

プライベートでの充実度がドライビングに影響するドライバーなだけにこの辺りはメルセデス側も慎重に進めていると思われます。

 

ハミルトンの本心はヒーローアイルトン・セナと共に!

これは完全に私の憶測の話しである。

ベッテルはフェラーリのM・シューマッハがヒーローであり2015年フェラーリ入りというひとつの夢を叶えた。

 

ハミルトンのヒーローはA・セナでありマクラーレン・ホンダに乗っていたセナなんですよね。英国放送BBCの人気番組トップギアでマクラーレンMP4/4に乗った時のあの楽しそうなハミルトンが印象的です。

ハミルトンがセナのマクラーレンMP4/4に乗る動画

 

私自身が大のセナファンであり、ハミルトンの気持ちは少なからずわかります。切望していた2度目のタイトルをとる事ができ、あと一つ夢を叶えるとしたら「マクラーレン・ホンダに乗る事」ではないでしょうか?

数年後にマクラーレンホンダに乗っているかもしれませんね。