日本GPでのPU関連ペナルティはアロンソ35、サインツ20、パーマー20となっています。ホンダは仕方ないにしてもルノーの信頼性も酷い状態。

来年の3基制限の撤廃はまだ議論すらされていないようでどうなる事やら。このままだと2018年のF1はペナルティ選手権になりそうですよ。

16戦終了時点のパワーユニットエレメント使用状況になります。

Sponsored link

パワーユニット使用状況

CarDriverICETCMGU-HMGU-KESCE
44MercedesLewis Hamilton444433
77MercedesValtteri Bottas444433
03RBR TAG HeuerDaniel Ricciardo556333
33RBR TAG HeuerMax Verstappen555333
05FerrariSebastian Vettel554444
07FerrariKimi Räikkönen444444
11Force India MercedesSergio Perez444322
31Force India MercedesEsteban Ocon444332
19Williams MercedesFelipe Massa444332
18Williams MercedesLance Stroll444322
14McLaren HondaFernando Alonso81010876
02McLaren HondaStoffel Vandoorne71010766
10Toro RossoPierre Gasly555344
55Toro RossoCarlos Sainz556334
08Haas FerrariRomain Grosjean444433
20Haas FerrariKevin Magnussen444444
27RenaultNico Hülkenberg445344
30RenaultJolyon Palmer566344
09Sauber FerrariMarcus Ericsson444444
94Sauber FerrariPascal Wehrlein444444


Sponsored link


PU状況分析

フェラーリはマレーシアでベッテルが予選で最下位確定だったため、PUペナルティを受けてストックを確保しています。今回ライコネンに新ICEを導入しています。また4基目のMGU-Kを2台共に導入。

メルセデスはルーティーンで4基目のMGU-Kを導入しています。

ルノーはMGU-K,ES,CEの信頼性はこの表をみるとそれなりに高い事が伺えます。

あと4戦となった2017年F1ですがコンストラクタース順位(賞金分配額)を考えるとペナルティは極力避けたい。特に中団チームの争いは開発資金に直結するだけに面白い事になりそうです。

5位 69pt ウィリアムズ
6位 52pt トロ・ロッソ
7位 43pt ハース
8位 42pt ルノー

サインツがアメリカGPから乗るルノーがハース、トロロッソを抜きたいのは明白です。そのためにパーマーに違約金を払っています。そして今回のパーマーのPUペナルティも次からのサインツためと見ていいでしょう。

また、ホンダのPUアップデートがあるのかどうなのか?にも注目ですね。アメリカはバランスサーキットでマクラーレンはそこそこ戦えるので、ペナルティを受けるとしたらパワーサーキットのメキシコになるのかな。