24835

Sponsored link

オーストリアGPフリー走行③

1 S.ベッテル フェラーリ 1:09.994 /16
2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:10.011 /16
3 K.ライコネン フェラーリ 1:10.177 /12
4 S.ペレス フォース・インディア 1:10.221 /14
5 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:10.332 /23
6 F.マッサ ウィリアムズ 1:10.408 /18
7 V.ボッタス ウィリアムズ 1:10.417 /14
8 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ 1:10.436 /23
9 P.マルドナード ロータス 1:10.576 /12
10 R.グロージャン ロータス 1:10.863 /8
11 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:11.009 /14
12 M.エリクソン ザウバー 1:11.058 /22
13 C.サインツ トロ・ロッソ 1:11.139 /18
14 D.クビアト レッドブル 1:11.139 /14
15 F.アロンソ マクラーレン 1:11.168 /13
16 D.リカルド レッドブル 1:11.819 /10
17 F.ナスル ザウバー 1:11.906 /9
18 J.バトン マクラーレン 1:12.616 /16
19 W.スティーブンス マノー 1:13.328 /14
20 R.メルヒ マノー 1:13.960 /8

※順位 ドライバー チーム ベストタイム/周回数

オーストリアGP予選結果

1 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:08.455
2 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:08.655
3 S.ベッテル フェラーリ 1:08.810
4 F.マッサ ウィリアムズ 1:09.192
5 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1:09.278
6 V.ボッタス ウィリアムズ 1:09.319
7 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ 1:09.612
8 D.クビアト レッドブル 1:09.694
9 F.ナスル ザウバー 1:09.713
10 R.グロージャン ロータス 1:09.920
11 P.マルドナード ロータス 1:10.374
12 M.エリクソン ザウバー 1:10.426
13 C.サインツ トロ・ロッソ 1:10.465
14 D.リカルド レッドブル 1:10.482
15 F.アロンソ マクラーレン 1:10.736
16 S.ペレス フォース・インディア 1:12.522
17 J.バトン マクラーレン 1:12.632
18 K.ライコネン フェラーリ 1:12.867
19 R.メルヒ マノー 1:14.071
20 W.スティーブンス マノー 1:15.368

f1-austrian-gp-2015-second-place-nico-rosberg-and-polesitter-lewis-hamilton-mercedes-amg-f

昨日まで優勢だったロズベルグ、ベッテルはハミルトンに敗れた。ハミルトンは最後の最後で最高のラップをまとめて自分の力を見せつけました。

ロズベルグは最後のアタックでコースアウトしていて精神面の弱さを見せています。

image2.img.1536.medium (1)

 

 

注目すべきはフェルタッペンですね、ルノー勢の中で一人次元が違う走りをしています。レースペースでは苦戦必死でしょうがこのタイムは称賛されるべき事です。

image3.img.1536.medium (4)

 

高ダウンフォースのメルセデスがここまでタイム差をつけてくるとは思ってなかったです。去年はウィリアムズが予選で優勢でストレートスピードの高さでタイムが決まると思っていたのですが、今回はそうはならなかったですね。

f1-austrian-gp-2015-nico-rosberg-mercedes-amg-f1-team

 

フェラーリはライコネンが非常に残念です。チームのミスでQ1のウェットからドライに変わる路面の中で最後まで走りきらずピットに戻ってしまっている。

 

ライコネンばかりにチームのミスが集中するのも非常に気ががりな事ですね。

お祓いしたほうがいいよライコネン(笑

 

しかしメルセデスの次に速いフェラーリの怒涛の追い上げが今回の決勝での面白い要素にはなります。

 

オーストリアGPスターティンググリット

  • アロンソ25グリット降格
  • バトン25グリット降格
  • リカルド10グリッド降格
  • クビアト10グリット降格

エンジン関連のペナルティで上記のグリッド降格が適用されスターティンググリッドは以下のようになります。

1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 N.ロズベルグ メルセデスAMG
3 S.ベッテル フェラーリ
4 F.マッサ ウィリアムズ
5 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア
6 V.ボッタス ウィリアムズ
7 M.フェルスタッペン トロ・ロッソ
8 F.ナスル ザウバー
9 R.グロージャン ロータス
10 P.マルドナード ロータス
11 M.エリクソン ザウバー
12 C.サインツ トロ・ロッソ
13 S.ペレス フォース・インディア
14 K.ライコネン フェラーリ
15 D.クビアト レッドブル
16 R.メルヒ マノー
17 W.スティーブンス マノー
18 D.リカルド レッドブル
19 F.アロンソ マクラーレン
20 J.バトン マクラーレン

ホンダ、ルノーとも本当に辛いですね、エンジン規定変更される事を期待しましょう。このペナルティはきつすぎるね。来年は6基とかにならないでしょうか?

メルセデスが「はい」と言ってくれないですよね・・・。

 

オーストリアGP決勝は後方からのレッドブルとライコネンの追い上げに期待します。