F1はメキシコに帰ってきました。このコース私は大好きです。

28721

オーバーテイク可能な直線あり、曲がりくねったタイトなS字セクションが数多く。

 

基本的にはダウンフォースがしっかりしている車が速い印象です。

Sponsored link

メキシコGPフリー走行①

順位ドライバーチームタイムラップ
1M.フェルスタッペントロ・ロッソ1:25.99038
2D.クビアトレッドブル1:26.29527
3K.ライコネンフェラーリ1:26.29536
4S.ベッテルフェラーリ1:26.88631
5D.リカルドレッドブル1:27.18528
6N.ロズベルグメルセデスAMG1:27.19619
7V.ボッタスウィリアムズ1:27.30326
8C.サインツトロ・ロッソ1:27.41037
9S.ペレスフォース・インディア1:27.58119
10F.マッサウィリアムズ1:27.69524
11L.ハミルトンメルセデスAMG1:27.72327
12M.エリクソンザウバー1:28.49827
13P.マルドナードロータス1:28.55930
14F.ナスルザウバー1:28.57925
15J.パーマーロータス1:28.71124
16N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:29.09917
17F.アロンソマクラーレン1:30.07217
18A.ロッシマノー1:30.61923
19J.バトンマクラーレン1:32.0919
20W.スティーブンスマノー1:32.86611

メキシコGPフリー走行②

順位ドライバーチームタイムラップ
1N.ロズベルグメルセデスAMG1:21.53136
2D.クビアトレッドブル1:21.77627
3D.リカルドレッドブル1:21.86828
4L.ハミルトンメルセデスAMG1:21.96133
5S.ベッテルフェラーリ1:21.98432
6K.ライコネンフェラーリ1:22.39933
7V.ボッタスウィリアムズ1:22.72128
8F.アロンソマクラーレン1:22.99336
9J.バトンマクラーレン1:23.10925
10F.マッサウィリアムズ1:23.28932
11N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:23.29034
12P.マルドナードロータス1:23.36324
13C.サインツトロ・ロッソ1:23.36441
14F.ナスルザウバー1:23.43039
15S.ペレスフォース・インディア1:23.59733
16R.グロージャンロータス1:23.61426
17M.エリクソンザウバー1:24.53334
18A.ロッシマノー1:25.94029
19W.スティーブンスマノー1:26.96828
20M.フェルスタッペントロ・ロッソ–:–2

 

このサーキットはランオフエリアがほぼ無い作りになっていてコースアウトは壁にヒットする。

 

早速その洗礼を受けたボッタス

f1-mexican-gp-2015-valtteri-bottas-williams-fw37-with-a-missing-front-wing-and-damaged-nos

 

そしてフェルスタッペンはフリー走行2回目の序盤でミスってしまい、走行するチャンスを逃してしまった。

mexcoferusu

 

ドライバーが皆がとにかく滑る路面だと訴えています。

 

見ている私達にとってはとても面白いですが。

 

ダウンフォースのある車が上位にきていてレッドブルなんかはメルセデスに肉薄しています。

 

image47.img.1536.medium (3)

もっとパワー差がでると私は思っていたのですが、完全に逆でパワー差を出しにくいサーキットのようです。

 

こうなってくると決勝では、タイヤの性能差でポジションチェンジが頻繁に起きそうです。

 

パワー任せに逃げようとすれば、滑る路面でタイヤを酷使してしまいペースが上がらなくなりますし、メルセデスが負けるかもしれないGPになればいいな。

image44.img.1536.medium (4)

観客席がめちゃめちゃ近いですね。

image41.img.1536.medium (5)

決勝レースは面白い展開を期待してまっせ。

 

夜中だからリアルタイムで見るのきついんですが(笑)