2014年の日本GPで雨の中マシン撤去中の作業車に接触、その際に頭部を強打して意識不明の状態が続いていたジュール・ビアンキさんが17日入院先のニースの病院で息を引き取りました。 彼は昨年戦闘力の劣るマルシャのマシンを操り・・・