プレシーズンテストが終わって、好タイムを記録しているメルセデスやフェラーリに注目が集まるのは当然の結果ですが、F1グランプリニュースで川井さんが低ドラッグを狙ったマシンだと言っていたレッドブルRB13に注目していきたいと思います。

Sponsored link

レッドブルRB13のポイント

2017年のレッドブルのマシンは、あの天才ニューウェイ先生が70%ぐらい関与したマシンとチームが発表している。

70%ってほとんどでしょ?って言いたくなる数値ですね。ボディワークの空力が関わる部分全部やりましたって発表でもよかったんじゃないでしょうか。

空力規定が大きく変わる今年、ニューウェイ先生が出した答えはドラッグを極力排除する事だったようです。

低ドラックマシン

テストにて注目された大きなポイントは低ドラッグを狙ったマシンだという解析結果が出ています。この情報は川井さんが「F1GPニュース」で言っていましたが、そのソースは知り合いのエンジニアがGPSデータから解析した結果だとの事です。

今年のマシンは規定の変更によりダウンフォースが昨年よりも30%増しになるという事ですが、その分空気抵抗も増加します。特に車体幅が200mmも広がり、タイヤがフロントで105mm・リアが80mm広がった事による前衛投影面積の増加によるドラッグは非常に大きくトップスピードは昨年よりも落ちます。

コントロールライン通過速度比較

テストでのコントロールライン通過速度(ロングランなどでの平均的な速度)を川井さんが教えてくれましたので下の表に示します。

チームPUCL速度ベストタイム
フェラーリフェラーリ279km/h1:18:634
メルセデスメルセデス280km/h1:19:310
レッドブルルノー278km/h1:19:438
トロロッソルノー271km/h1:19:837

メルセデスやフェラーリよりもパワーが無いルノーPUで、同等の速度を記録しています。ダウンフォースが無いといった事もなくタイム的にもメルセデスと同等、同じPUを使うトロロッソを上回っています。

テストタイムの比較はあまり意味をなさないですが、バロセロナのコースは14、15コーナーであるシケインからのフルアクセルによる加速の結果なので、パワー差を埋めるくらいの低ドラッグである事は事実です。

Sponsored link


マシンデザインを画像で確認

レッドブルRB13を画像で確認していきます。

http://www.redbullracing.com/

正面から見るとインダクションポッドの付け根、コクピットの後ろが盛り上がりデブって見えます。

http://www.redbullracing.com/

サイドポンツーンが高く、幅がかなり薄い構造になっています。またリアの絞り込みがどのチームよりも強烈で左右から押しつぶしたように見えます。

http://www.redbullracing.com/

この角度だとサイドポンツーンの薄さと絞り込みが良く見えます。また開口部も異様に小さい気がします。

フェラーリとの比較

真上から見たフェラーリとの比較画像です。

サイドポンツーンが綺麗な水滴形状

サイドポンツーンの幅の狭さが異常ですね、レッドブルの画像はちょっと角度がついてしまっていますが、フェラーリより確実に薄いです。そしてこの美しい曲線を描いているサイドポンツーン全体像が水滴のように見えます。空気をボディから剥がさないように綺麗に導こうとしているのが素人目でもわかりますね。

バージボードエリアがシンプル

フェラーリやメルセデスなんかと比べるとバージボードエリアの空力パーツが極端に少ないです。バージボード類は空気抵抗がそれなりに大きい事が伺えます。

リアの綺麗な絞り込み

リアに綺麗に空気を流そうとするコンセプトは一緒ですが、レッドブルはそれをさらに突き詰めてより中心に空気を集めるように曲線が描かれています。

素人目にもわかる明確なコンセプト

空気の流れに逆らわずに、とにかく綺麗に整流しようとしているのがよくわかるボディ形状をしているのが素人目にもわかるのが本当にすごい。さすがニューウェイ先生ですね。

まとめ

低ドラッグ・高ダウンフォースをいつも実現してくるレッドブルは本当に期待できる。フェラーリと共に打倒メルセデス候補なのは間違いない。ルノーエンジン次第な面もあるけど、低ドラッグで燃費も良くなるので優勝争いには必ず絡んでくれるでしょう。

ドライバー二人も本当に速いし、今年間違いなく大注目です。