2017年のF1第6戦モナコグランプリは5月27日にフリー走行③と公式予選がおこなわれました。木曜日でのFP1ではメルセデス、FP2ではフェラーリがベストタイムを記録しています。

Sponsored link

モナコGPフリー走行③

ドライバーChassisLapsタイムギャップ
1セバスチャン ベッテルFerrari231’12.395
2キミ ライコネンFerrari261’12.7400.345
3バルテリ ボッタスMercedes291’12.8300.435
4マックス フェルスタッペンRed Bull271’12.9400.545
5ルイス ハミルトンMercedes271’13.2300.835
6ダニエル リカルドRed Bull241’13.3920.997
7カルロス サインツ Jr.Toro Rosso271’13.4001.005
8ダニール クビアトToro Rosso231’13.5631.168
9ケビン マグヌッセンHaas211’13.5961.201
10ストフェル バンドーンMcLaren211’13.8051.410
11セルジオ ペレスForce India231’13.9361.541
12ジェンソン バトンMcLaren261’13.9761.581
13エステバン オコンForce India211’14.0721.677
14フェリペ マッサWilliams281’14.0721.677
15ニコ ヒュルケンベルグRenault241’14.2831.888
16ロマン グロージャンHaas231’14.5472.152
17ランス ストロールWilliams351’14.6752.280
18ジョリオン パーマーRenault251’15.1642.769
19パスカル ウェーレインSauber291’15.2912.896
20マーカス エリクソンSauber261’15.8633.468

フリー走行③レポート

各車木曜日での修正点を確かめるために走行を開始、予選想定アタックではフェラーリが優勢となっています。メルセデスの特にハミルトンはリズムが取れていなく、いつもの切れが全くもって感じられません。

終盤ではオコンがクラッシュしています。

マクラーレンホンダは二人とも好調なんですが、バトンがPU交換で15グリッドダウン、バンドーンが前戦のペナルティで3グリッドダウンが決定しています。

FP3ハイライト動画⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/FP3_action_from_Monaco.html

http://www.fia.com/

モナコGP予選結果

ドライバーチームQ1Q2Q3ギャップ
1キミ ライコネンFerrari1:13.1171:12.2311:12.178
2セバスチャン ベッテルFerrari1:13.0901:12.4491:12.2210.043
3バルテリ ボッタスMercedes1:13.3251:12.9011:12.2230.045
4マックス フェルスタッペンRed Bull1:13.0781:12.6971:12.4960.318
5ダニエル リカルドRed Bull1:13.2191:13.0111:12.9980.820
6カルロス サインツ Jr.Toro Rosso1:13.5261:13.3971:13.1620.984
7セルジオ ペレスForce India1:13.5301:13.4301:13.3291.151
8ロマン グロージャンHaas1:13.7861:13.2031:13.3491.171
9ジェンソン バトンMcLaren1:13.7231:13.4531:13.6131.435
10ストフェル バンドーンMcLaren1:13.4761:13.2491.071
11ダニール クビアトToro Rosso1:13.8991:13.5161.338
12ニコ ヒュルケンベルグRenault1:13.7871:13.6281.450
13ケビン マグヌッセンHaas1:13.5311:13.9591.781
14ルイス ハミルトンMercedes1:13.6401:14.1061.928
15フェリペ マッサWilliams1:13.7961:20.5298.351
16エステバン オコンForce India1:14.1011.923
17ジョリオン パーマーRenault1:14.6962.518
18ランス ストロールWilliams1:14.8932.715
19パスカル ウェーレインSauber1:15.1592.981
20マーカス エリクソンSauber1:15.2763.098

予選レポート

Q1ではエリクソンが左リアタイヤをヒットさせてホイールが壊れタイヤが外れてしまっていました。

Q2ではハミルトンがアタックラップ中にFP2でストロールがクラッシュしたところでスライドして危ないところでした。

Q2の最後では好タイムを出していたバンドーンがクラッシュしてしまって、ハミルトンの最後のアタックラップを潰してしまう結果となり、なんとハミルトンがQ2敗退となりました。

バンドーンクラッシュ⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/Qualifying__Vandoorne_crash_seals_Hamilton_s_fate.html

バンドーンは初Q3進出なのに10位確定となってしまいました。バトンもQ3進出してマクラーレンホンダが調子良いです。

Q3ではフェラーリのライコネンが好調で、2008年以来のポールポジションを獲得!ベッテルは2位、メルセデスのボッタスが意地を見せて3位に滑り込みました。

FP3ハイライト⇒

Sponsored link


まとめ

https://www.formula1.com/

トップ3はなんと0.045秒以内の攻防となり、フェラーリとメルセデスはタイム的には互角の勝負だったと言えますが、メルセデスはリアタイヤがオーバーヒートしやすい傾向が見受けられます。

ボッタスはスタートで前に行けないと決勝ではフェラーリについていけないでしょう。

余程の事がないかぎりフェラーリのどちらかが優勝する事になりますね。ライコネンのさしぶりの優勝見たいですね。

マクラーレンホンダは2台揃ってQ3進出となり、スペインから投入されているアップデートが良い結果を生み出しています。

バンドーンはQ2でのタイムでもポールのライコネンから約1.1秒遅れなので、もしQ3を走っていたら、サインツの前レッドブルの直後にきた可能性もある。

最大限のダウンフォースが必要なこのコースでこの位置にいるマクラーレンの車体良いんじゃないでしょうか。

ただグリッドダウンが残念でならない。バンドーンは12位、バトンは20位スタートとなります。

F1.com動画リンク

ポールラップ動画⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/Onboard_pole_position_lap_-_Kimi_Raikkonen__Monaco_2017.html

モナコGP予選ハイライト⇒https://www.formula1.com/en/video/2017/5/Qualifying_highlights_-_Monaco_2017.html